英語で日本を学ぼう

奥州の覇者、伊達政宗の城として有名な仙台城と伊達家の御廟である瑞鳳殿に行ってまいりました。政宗は戦国に遅れて登場しますが圧倒的なスピードで勢力を拡大していき、後世に独眼竜と呼ばれた力量には疑う余地はありません。その政宗の生き方や功績についても個人的な視点で話をしています。また城や廟に関連する英単語を紹介しています。

高知県にある現存12天守のひとつである高知城に行ってまいりました。ここは本丸の建築物が現存している日本で唯一のお城です。そのほかにも山内一豊や板垣退助といった有名な人物の銅像もたっており、お城以外にも歴史を学ぶきっかけを持つお城でもあります。ブログの最後に「高知城に関係する英語と解説」を載せています。

白鷺城と異名をとる世界遺産・姫路城に行って参りました。漆喰により白く輝く美しさが注目されがちですが、戦国・江戸期には戦略上の要所の防衛拠点であったこともあり「堅牢さ」や「地政学的視点」も非常に興味深いものがあります。特徴となっている「白さ」についての解説や、隣接する日本庭園である「好古園」の紹介もしています。また英訳は現存する多くの城郭構造を中心に載せています。

富山県高岡市にある曹洞宗・瑞龍寺さんに行ってきました。加賀百万石の前田家の菩提寺でもあり、中国の様式の七堂伽藍が見事なお寺です。幾何学的に左右対称のレイアウトに設計されている禅寺は日本でも特に珍しいと思います。またトイレの神様で有名な烏枢沙摩明王(うすさまみょうおう)の特別な御朱印も頂けます。ブログの最後に禅や七堂伽藍に関する英訳を載せています。

信州・長野県松本市にある国宝・松本城に行って参りました。全体として白い漆喰が印象的な日本のお城には珍しく、黒がメインカラーのお城です。日本アルプスをバックに四季にあわせて美しい姿を見せてくれますが、明治期には廃城の危機がありました。その危機を乗り切ったのは松本の人々の力を合わせた尽力であり、後世に残る文化財の底力を学ぶことができる点でも大切なお城です。ブログの最後でお城関係の英訳を紹介しています。

長野県の諏訪湖のほとりに立つ日本三大湖城の一つ高島城に行ってまいりました。建設当初は諏訪湖に隣接し湖に浮かぶように見えたため「諏訪の浮城(すわのうきしろ)the floating castle of Suwa」と呼ばれていたようです。しかし諏訪湖が干拓され明治の廃城令で取り壊されたため、当時の壮麗な姿は想像するしかありません。しかし高島城には唯一無二とよべる素晴らしい特徴があります。それは城郭構造の英訳が非常に詳しく英語パンフレットにのっていることです。そしてそこからさらに深堀をして解説をしています。

長野県にある諏訪湖を囲むように建つ諏訪大社に行って参りました。ここにはタケミナカタという諏訪地方独自ともみられる神様が祀られており、大和朝廷に逆らったにもかかわらず武士からは武勇の神として崇拝されました。さらに諏訪大社の神事も狩猟文化をもつ縄文の風習を引き継いでおり、他に類を見ないユニークさが際立っています。そんな謎に満ちた諏訪大社をテーマに、縄文と弥生、真田幸村のように敵から称賛される英雄、狩猟文化と農耕文化の違いなどについてどんどん風呂敷をひろげて話をしています。また、ブログの最後で諏訪大社に関連する英訳を紹介しています。

愛知県小牧市にあるトヨタ博物館に行って参りました。初期のクラシックカーから燃料電池車のトヨタ・ミライまで古今東西の車が勢ぞろいしています。特にクラシックカーは普段、路上で走っている姿を目にすることはないので、直接見に行く価値は多いにあると思います。また解説資料も非常に充実していたので各国のブランドの英語・日本語・中国語表記と特徴や名前の由来のなども紹介しています。そしてブログの最後では、自動車のスペック関連の英語表記を紹介しています。

愛媛県大洲市にある大洲城に行って参りました。伊予灘へと流れ込む肱川沿いに建てられており、瀬戸内海と豊後水道をつなぐ交通の要衝でもありました。大洲城の重要性は、小早川隆景、藤堂高虎、脇坂安治といった有名武将が城主として入っていることからも伺い知ることができます。また大きな特徴として、明治維新の時に天守が破却されていますが、その後、多くの人々の尽力によって伝統工法による木造建築として天守が復元されています。消えつつあった歴史の息吹が吹き返したお城として感銘を感じられるところでもあります。

愛知県名古屋市にある尾張徳川家の居城・名古屋城に行って参りました。第二次世界大戦時の空襲によって焼け落ちてしまいましたが、のちに再建され、今では天守の内部は展示室になっています。巨大な城だけにその内部の展示も非常に充実しているので、名古屋城と信長、秀吉、家康の三英傑に関する解説を載せています。さらに本丸御殿も再建されており、明治以前の日本社会における建築物の天井の様式による格付けが解説されていたので、英語表現も含めてご紹介しています。

さらに表示する