· 

日本の英文法はなぜ難しいのか?(英語うんちく No.013)

ブログ編集中です。

 

お見苦しいところをお見せしますが、ご了承ください。

 

 

 

私も日本の英文法を理解できない

 

まずこれははっきり申し上げますと、日本の英文法解説書のほとんど(私の知る限りでは全て)は何を言っているのかわかりません。

 

 

 

 

中学英語では、とりあえず「こじゃれた和訳」がついているものがほとんどです。

 

 

 

 

・interesting(おもしろい)

 

・interested(興味がある)

 

 

~ing は現在進行形で習います。そして ~ed も受身と習うはずです。

 

ルールを無視しきった和訳を覚えても、適切に運用できるわけありません。

 

 

 

 

なんでそうなるのかわからないイディオムもありますね。

 

 

「so to speak = いわば」

 

「as it were = いわば」

 

 

とか丸暗記しようにも意味不明です。

 

意味不明だから丸暗記を押し付けられるのかもしれませんが。

 

 

 

英文法はうまくできている。日本の英文法が異常。

 

アメリカに留学して、まず気づいたことがあります。

 

日本人以外に目を向けると、ちゃんと英語を学んだ人は英文法を間違わないということです。

 

 

 

これは発音や英会話の話ではありません。

 

正確な英文を書く、つまり英作文がボロボロだということです。

 

日本人の多くは正確な英作文の作成能力自体が、欠落していると言わざるを得ないです。

 

 

 

 

英語に限らず、ヨーロッパ系の言語は「似たようなルール・システムがあるはず」と考えました。

 

 

英語を和訳ではなくルール・システムから理解することを目指しました。

 

 

そのために日本で習った受験英文法をいったん忘れることにしました。

 

そうしていくと、どんどん統合的なルールやシステムが見えてきたんです。

 

 

 

 

 

それと同時に、日本の英文法が機能していない理由も見えてきました。

 

 

 

 

 

 

日本の英文法に足りていない部分

 

① 文法には2通りの解釈が存在する事実の説明がない

 

 

② 文法用語の意味の説明がない。

 

 

③ イディオム・語法・構文が「文法問題」としてひとまとめにされている 

 

 

④ 和訳しにくいニュアンスを無視する

 

 

⑤ 宗教・歴史に関係する表現は完全無視

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

① 文法をワンパターンのみで解説する

 

syntax と semantics

 

 

② 文法用語の意味の説明がない。

動詞の原「形」・現在進行「形」・未来「形」・複数「形」などはそれぞれ全然意味が違うものです。

 

同じ「形」になっていますが、これらすべて性質が違うものだと区別できていますか?

 

 

また中学2年で受動態を習います。

 

では「態」だけの意味を知っていますか?

 

受動態でつかう過去分詞「分詞」の意味は知っていますか?

 

 

 

 

日本の英語解説は基本的に「和訳 ⇔ 英文」の丸暗記です。

 

 

 

 

「関係副詞」が「形容詞節」になる理由が説明できますか?

 

whose はなぜ「関係形容詞」かわかりますか?

 

 

what は「先行詞を含む関係代名詞」

 

③ イディオム・語法・構文が「文法問題」としてひとまとめにされている

 

so to speak

 

It is ~ that

 

I am busy doing

 

 

⑤ 日本語に無いニュアンスを無視する

 

 

 

日本語に無いニュアンスを無視する

 

 

 

 

I am going to school

 

I am going to do it.

 

I remember going to school.

 

 

 

これは仕方ありません。日本語にそもそもないのですから。

 

 

・remember to do(忘れずに~する)

 

・remember doing(~したのを忘れる)

 

 

この2つはイディオムとして熟語のリストに載っています。

 

しかし、わざわざ熟語として丸暗記する必要は全くありません!

 

 

 

INGと不定詞のイメージが理解できれば、なんてことのない表現です。

 

 

英語にもスポーツにも仕事にもルールとシステムがある

 

ネイティブは文法の知識だけを頼りに言葉を話しているのではありません。

 

日々の膨大な経験から、一定のルールを導き出して話しているのが、母国語というわけです。

 

そして、この一定のルールをまとめたのが文法書というわけです。

 

 

しかし、この文法ですが日本語と同じように、母国語でない場合は、どの文法が重要なのか?を判定できません。

 

 

「まあ、用言なんか知らんでもなんとかなるわ~」と日本語ネイティブは反応できます。

 

 

でも日本語を文法だけから学ぼうとする人は「助詞ってこんなにたくさんあるんや!やばい、わからんぞ!」となってしまうはずです。

 

 

「私これいらへん! 」

 

 

関西人にとってはなんともないフレーズですね?

 

でもこの文法説明をしてください、と言われたら私はギブアップします。

 

 

そういうわけなので、母国語の感覚抜きにして、文法を理解するのは難しいのです。

 

 

それは野球を見たことがない宇宙人にルールブックだけで野球というスポーツを説明すると考えてもらうとよいと思います。

 

ストライクとボールの違いだけでも、気の遠くなる説明が必要になりそうです。

 

 

かといって、「とりあえず英語ネイティブと話をしよう!」といってもできませんよね?

 

学校で英語ネイティブの先生とゲームや遊びをやったりしているようですが、私の知る限り非常に評判は悪いです。

 

「そもそも何言ってるかわからないのに、どうすればええの?」

 

子供たちは口をそろえてそう言います。その通りです。 

 

 

先ほどの野球の話に例えると、宇宙人にいきなりバットを持たしてボールを投げつけても「なにすんねん!」となりますよね?

 

宇宙人にこんな事したら、宇宙船から攻撃を受けてしまうかもしれません。

 

 

 

言葉はルールと相手との共通の感覚を土台にして、初めてしっかりとコミュニケーションのスタートラインに立つことができます。

 

外国語は日常感覚がわからないものだから「外国語」なのであって、その感覚がわかるなら、それは「母国語」です。