· 

古英語に由来する代名詞 thou thy thee thine を解説

 

英語になじんでくると、広く深く英語の世界を冒険してみたくなってきます。

 

日本語にも古文や漢文がありますが、古い表現は英語にも当然あります。

 

その代表的なものが「thou(汝、そなた)」です。

 

 

日本の学校では習わないものの、英語版のゲームなどの太古の碑文や古文書などにはよく使われています。

 

「thou」のような表現をつかうと「いにしえ」感を出せるのでしょう。

 

それでは、そんな代名詞の一覧をさっそく見ていきましょう。

 

 

代名詞 thou thy thee thine

 

・thou:汝は、汝が(主格)

・thy:汝の (所有格)

・thee:汝に、そなたに (目的格)

・thine:汝のもの、そなたのもの (所有目的格)

 

 

これらは「you / your / you / yours」の古く堅い表現です。

 

現代では「you」が「あなた/あなたたち」という単数複数の両方を担当します。

 

それゆえ現在の英語では「you」が「あなた」「あなたたち」になるかは文脈判断になります。

 

 

もともとは昔はこんな感じでした。

 

【 単数 Singular 】

・わたし(一人称単数)「I my me mine

・あなた(一人称単数)「thou thy thee thine

 

【 複数 Plural 】

・わたしたち(一人称複数)「we our us ours

・あなたたち(一人称複数)「ye your you yours

 

 

つまり you とは「二人称複数の目的格」で「あなた達に、あなた達を」という意味だけだったんです。

 

いやはや you は大出世です。 

 

そのせいで私のような日本語ネイティブは英会話の時に「you って単数? 複数?」と悩むことになりました。

 

 

複数の you でわかりやすいのは複数表現とペアリングされているものです。

 

・He knows you both.

「きみたち両方」

 

・You two should stay here.

「きみたち二人」

 

・I will ask every/each one of you.

 

「あなたたち全員/それぞれ」

 

 

リスニングだと "you two" は "you too" との区別がつきません。

 

 

どのみち文脈で判断するクセをつけておかないと、会話ができませんので要注意です。

 

 

 

もしかするとみなさんは「you = あなた」と自動で脳内和訳していませんか?

 

英会話がしたい人は you の単数・複数を見分けるクセをつけてください。

 

 

実際の英語は、こんなことは日常茶飯事ですが、瞬時に正確に理解するのは難しいと思います。 

 

もし「you」の単数は「thou」に戻せば、そんな悩みはなくなるんですけど・・・。

 

 

英語は聖書から学ぼう!

 

英語で古く格式あるものとして一番有名なものは「聖書 the Bible」です。 

 

聖書の中には「thou」や」「thy」がたくさん出てきます。 

 

 

では、その聖書の中にある「God」との守るべき約束である「十戒 じっかい Ten Commandments」を見てみましょう。 

 

ちなみに日本語の読みは「×じゅっかい ⇒ 〇じっかい」です。

 

 

聖書にはユダヤ教の教えも含まれていて、十戒もカトリックやプロテスタントなど宗派によって中身や順番がすこし変わってきます。

 

とはいえ「God との約束」である点は変わりません。 欧米は契約社会」とよく言われるのもこれが理由です。

 

God の言いつけを守ることで、God に守ってもらうことになります。

 

信仰そのものが契約なんです。

 

 

これは神道、仏教、儒教がごちゃまぜになった文化圏で生きてきた日本人にはすこしつかみにくい考えですね。

 

日本人の信仰について書いているブログもあるので参考にどうぞ。

 

「日本人は無宗教」が誤解を招く!?(英語うんちく No.008)

 

 

十戒 Ten Commandments

 

さて、話を十戒に戻します。

 

ここではプロテスタントの十戒をご紹介します。

 

 

shalt」がたくさんできてきますが、ミススペルではありません。

 

「thou」が主語のときだけにつかう「shall」の変化形です。

 

 

shall は will と近い言葉で「義務・運命」を表す表現です。

 

日常会話にあまり登場しないせいで、日本の学校ではあまり詳しく習いませんが、聖書や契約文書などでは、山ほど登場します。

 

人の行動や物事のあり方を規定する」shall の感覚を、ぜひ知っておいてください。

 

 

(1) Thou shalt have no other gods before me.

汝はわたしのほかに神をもってはならない。)

 

 

キリスト教は一神教です。神様は一人しか認めません。 一神教がほかの宗教に排他的なのはここが根本的な理由です。

 

別の神が存在すると信じる者は偽物を崇める邪教の信者になります。

 

戦国時代にはキリシタンによる神社仏閣の焼き討ちなどが頻繁に行われました。長崎を中心とする九州は特にひどかったようです。

 

キリシタン大名で有名な高山右近は領土内でキリシタンによる神社仏閣への焼き討ちを秀吉にとがめられたのに対応策をとりませんでした。

 

それゆえ高山右近は追放になっています。彼の行いはキリスト教的には正しいのかもしれませんが、多くの信仰が融合する日本では一神教のほうが異端になります。

 

秀吉も家康もこの一神教の排他性を非常に警戒していました。自分たちだけが正しいと決めつけた信仰が、ここまで徹底的に日本とぶつかることになった理由も、日本人はよく知っておくべきだと思います。

  

 

(2) Thou shalt not make unto thee any graven image.

汝は汝に向けて、いかなる彫像(偶像)をつくってはならない。)

 

 

これが「偶像崇拝の禁止」に関連する項目になります。

 

十戒の中には graven image(彫像) の代わりに idol(偶像) を使用したバージョンも存在します。

 

とはいえ歴史の事実としては、信者の獲得や信仰対象を明確にするために、聖像や聖像画(icon イコン)がつくられていきます。

 

東ヨーロッパに基盤があった東方正教会(現在はロシア正教が中心)では「聖像画」がたくさんつくられました。

 

その理由は graven image という表現がポイントになっています。

 

grave とは「彫る」という意味です。それゆえ draw(描く)ものである「聖像画」は「絵画なので対象外!」という解釈になりました。

 

つまり十戒が禁止しているのは「彫像崇拝」であり「偶像崇拝」ではない!という解釈です。

 

しかし、偶像崇拝を徹底するイスラムに軍事的に圧倒されるようになると「聖像破壊運動 iconoclasm」が起こるようになります。

 

これは偶像を一切認めない God(アラビア語で Allah となるだけで「絶対神」という意味は同じ)への信仰を強く持つイスラム教徒に対し、God との約束をより厳格に守ることで、その加護を得ようとするキリスト教徒による対抗措置でした。

 

15世紀ごろまではキリスト教国を中心とするヨーロッパは、イスラム圏(アラブ・トルコ)に軍事的にはほぼ一方的に守勢にまわっていました。8~13世紀は「イスラム黄金期 Islamic Golden Age」とよばれ、イスラム圏がはるかに強大な力を誇っていて、キリスト教圏にも大きな影響を与えています。

 

イスラム文化への英語への影響に興味のある方こちらもどうぞ。

 

実はたくさん!アラビア語源の英単語(英語うんちく No.018)

 

 

(3) Thou shalt not take the name of the Lord thy God in vain.

汝は汝の神である主の名をみだりに唱えてはならない。)

 

よく「Oh my God!」と言わない方がいいとされるのはこれが理由です。

 

もちろん、これは英語圏に限らず、キリスト教圏共通です。 英語では「goodness」や「gosh」などで代用します。

 

 

(4) Remember the Sabbath Day to keep it holy. 

(安息日を心にとどめ、これを聖とせよ。)

 

God が世界を創造し、7日目に休まれたという聖書の最初に載っている「創世記 Genesis」の内容に由来します。

 

1週間が7日で日曜が休みなのはこれが理由です。

 

 

 

(5) Honor thy father and thy mother. 

汝の父母を敬え。)

 

 

(6) Thou shalt not kill. 

、殺す無かれ。)

 

 

(7) Thou shalt not commit adultery. 

、姦淫する無かれ。)

 

 

(8) Thou shalt not steal. 

、盗む無かれ。)

 

 

(9) Thou shalt not bear false witness against thy neighbor. 

、隣人に関して偽証する無かれ。)

 

 

(10) Thou shalt not covet anything that belongs to thy neighbor.

、隣人の財産を欲する無かれ。)

 

 

いかがだったでしょうか?

 

英語の表現や感覚にはキリスト教由来のものがたくさんあります。

 

キリスト教の基本をすこし知るだけで、英語ネイティブ感覚にちょっと近づきます。

 

 

母音つながる thine と mine はちょっと特殊

 

所有目的格の「thine」は十戒にはありません。

 

ですが「thy」と「thine」には特殊なルールがあります。

 

さっそく例文をみていきましょう。

 

・Follow thy heart.

「汝のこころに従え」

 

・Follow thine own heart.

「汝自身のこころに従え」

 

 

違いがお分かりいただけますか?

 

実は母音(a, i, u, e ,o)につながる所有格は thy ではなく thine になります。

 

「thy heart」と「thine own heart」の違いですね。細かい!

 

 

このような表現はかの有名なイギリスの作家、ウィリアム・シェイクスピア(William Shakespeare)の作品にも使われています。

 

では代表作である「ハムレット Hamletの一節をみていきましょう。

 

 

"To thine own self be true, and it must follow, as the night the day, thou canst not then be false to any man."

 

 

実際に thine own となっています。

 

ちなみに canst とありますが、 thou に対応する「助動詞 can」の変化形です。

 

 

実はこのパターンは thine と似ている mine にも適応されます。

 

現代の用法では mine は「所有目的格 ~のもの」しか使いません。

 

しかし母音につながる場合は、所有格の mine も存在していました。

  

続いて mine の例文もシェイクスピアの「ベニスの商人 the Merchant of Venice」から引用いたします。

 

 

"He hath disgraced me and hindered me half a million, laughed at my losses, mocked at my gains, scorned my nation, thwarted my bargains, cooled my friends, heated mine enemies – and what's his reason?"

 

 

最後だけ mine enemies になっていますね。

 

thine と同じで、母音に対して mine の所有格が使われています。

 

 

Lord's Prayer(ぱあてる・のすてる)

 

ブログを読んで頂いた方から、十戒だけでなく「Lord's Prayer 主の祈り」にも thy や thine が使われていると教えていただきました。

 

この「主の祈り」はクリスチャンの方たちには一般的によく唱えられる内容になります。

 

 

戦国時代のキリシタン用語では「ぱあてる・のすてる(ラテン語の Pater Noster)」といって「みなでよく唱えた」と宣教師のルイス・フロイスの報告書に書かれています。

 

海外ドラマの S.W.A.T. の中でも、友人が人質に取られた女性のためにSWAT隊員が主の祈りを一緒に唱える場面もでてきました。

 

 

せっかくの機会ですので、主の祈りもご紹介したいと思います。 「主の祈り」はキリスト教の中の教派によって様々なバージョンが存在します。

 

今回は Wikipedia で一番に載っていた Revised Standard Version of Second Catholic Edition (RSV-2CE) を利用いたします。

 

 

(1) Our Father who art in heaven, hallowed be thy name.

 

(2) Thy kingdom come.

 

(3) Thy will be done, on earth as it is in heaven.

 

(4) Give us this day our daily bread;

 

(5) and forgive us our trespasses, as we forgive those who trespass against us;

 

(6) and lead us not into temptation, but deliver us from evil.

 

Amen.

 

 

 

thy や thine がたくさんでてきます。

 

それよりなにより、文構造がわかりにくいのではないでしょうか?

 

現代英語の文法では通用しない部分があるので解説も追加していきたいと思います。

 

和訳はカトリックの文語訳を Wikipedia より拝借しています。

 

 

(1) Our Father who art in heaven, hallowed be thy name.

(天にましますわれらの父よ、願わくは御名の尊まれんことを、)

 

 

art は thou に対応する be動詞です。thou art のように使います。

 

Father が大文字ですので特別扱いで、「父なる主」で God のことです。God は男性で三人称単数なので、主格の代名詞は He になります。同様に「Son」で「子なるイエス」です。

 

 

そして hallowed be thy name は「祈願文」です。英語の祈願文は「まだ起こっていないこと」なので「仮定法(subjunctive)」で表現します。

 

仮定法には「反事実」と「想定」の2種類があります。

 

動詞の原形を使う仮定法は「まだ起こっていないこと」なので「反事実」にはなりません。

  

ここでいう「祈願文 request」は「動詞の原形」をつかうので「命令法 imperative」に近いものになります。

 

「命令」でも「仮定」でも「動詞の原形」は「まだ事実ではない」に使われます(現代英語では減っています)。

 

ですので文法書に載っている "So be it." や "Be that as it may." も仲間になります。

 

日本語も似たような感じでつかます。

 

・たのむ!手伝ってくれ!(命令)

・たのむ!宝くじあたってくれ!(祈願)

 

いわゆる文法書で「仮定法」としてよく見る例文は、「反事実 Counterfactual」といって「過去・現在の事実と違うこと」が多いので注意ください。

 

英語の「反事実の仮定法」は以下の基準をもとに組まれます。

 

・未来 ⇒ 未定(反事実なし)

・現在 ⇒ 事実(反事実あり)

・過去 ⇒ 事実(反事実あり)

 

もちろん話し手の感覚でいろんな表現なので、基本の方針として確認ください。

 

 

 (2) Thy kingdom come.

(御国の来たらんことを、)

 

 

ここも come が原形なので「祈願文(命令法の一つ)」です。

 

主の祈り(Lord's Prayer)の中で使われている「命令法(祈願文)」はギリシャ語では「アオリスト命令法」と呼ばれているもののようです。

 

詳しくはないので参考知識で留めておいてほしいのですが、ギリシャ語の動詞のアオリスト形は「完結相 perfective aspect」といって「行動が完結する」という意味を表します。(完了相 perfect aspect とは違うので注意ください)

 

それゆえ「God の御国が実際に実現しますように!」という祈りを込めたニュアンスがギリシャ語にはあるようです。

 

 

(3) Thy will be done, on earth as it is in heaven.

(御旨〔みむね〕の天に行わるる如く、地にも行われんことを。)

 

 

一見、簡単そうですが thy will be の will は助動詞ではありません

 

thy は所有格なので名詞を説明する必要があります。

 

御旨(みむね)となっているように「God の意志(God's Will)」という意味です。God の意志が 「be done(なされる) 」ようにという祈願文です。

  

そして as it is (done) in heaven の省略も見落とさないようにしないといけません。

 

 

(4) Give us this day our daily bread;

(われらの日用の糧を今日〔こんにち〕われらに与え給え。)

 

 

ここは中学でもよく見る「動詞の原形」でスタートする「命令法」です。「命令法」とはいうものの意図としては「祈願文 request」とあまり違いがありません。

 

God に対する「願いや希望」を直接、表現している感じです。

 

 

(5) and forgive us our trespasses, as we forgive those who trespass against us;

(われらが人に赦す如く、われらの罪を赦し給え)

 

 

ここは現代の英文法でわかる構造です。 

 

 

(6) and lead us not into temptation, but deliver us from evil.

(われらを試みに引き給わざれ、われらを悪より救い給え。)

 

 

temptation は「試み」となっています。

 

これは the Devil(サタン)がアダムとイブをだましたことと、イエスにも同様に God への信仰を試すための「誘惑 temptation」を行ったことが元になっています。

 

日々の生活で信仰が揺らぐような試練になりませんようにということです。

 

 

 

いかがだったでしょうか?

 

英文の構造にかなり面食らった方もいらっしゃったのではないでしょうか?

 

私もこういう英語は非常に苦労しています。

 

 

 

なんと現代でも「古英語」が生まれている?

  

実は「古文」的な英語は現代でも作られています。 中世ファンタジー世界が舞台になっているゲームなどでは「古英語」が会話文に普通に登場します。

 

聖書やシェイクスピアだけが古英語を使っているわけではなく、現在も「古英語」の文章が増えているのが面白いところです。

 

私が経験した中では「ファイナルファンタジータクティクス(リメイク版)」と「ファイナルファンタジー12」がかなりの難易度が高いです。

 

 

ということでゲームをネタに古語に特化して記事も書いています。

 

英語の古語をゲームで学ぼう! Final Fantasy Tactics: The Wars of the Lions / 獅子戦争

 

この英語が読めますか?Final Fantasy 12 召喚獣の解説

  

 

どちらも文法解説しているので、英語力(とくに文法力に覚えのある方)はぜひ挑戦してみてください。

 

 

実は奥深い代名詞

 

おそらく thou / thy / thee / thine はニュースや日常会話ではほとんどでてこない表現です。

 

ですが歴史や伝統や宗教に触れるケースではよく目にします。

 

「英語で視野を広げる」というのはとても大切です。 でも、それはただ「海外旅行」や「留学」をすればいいということでもないと思います。

 

 

日本にいたとしても歴史、文化、信仰をテーマに「英語を深く探ってみる」という視点が「世界を広くみる」ことに結果としてつながると思います。

 

 

あるま・まーたでは世界の歴史や信仰なども英語学習に取り入れています。

 

世界で通用する教養を英語で学びたい方は、メールでもコメントでもどうぞお問い合わせください!

 

【 お問い合わせはこちらへ 】

 


コメントをお書きください

コメント: 10
  • #1

    あっちゅ、 (日曜日, 16 9月 2018 14:26)

    とってもためになります!どの記事も面白いです。ありがとうございます。

  • #2

    あるま・まーた (日曜日, 16 9月 2018 15:44)

    あっちゅ、さん

    ブログがお役に立てて光栄です!

    わかりにくいところやテーマにしてほしいことなどがあれば、メールでもツイッターでもお気軽にご連絡いただけるとうれしいです。

  • #3

    xenobia (金曜日, 16 8月 2019 17:00)

    They に当たる古語は?

  • #4

    あるま・まーた (日曜日, 18 8月 2019 14:57)

    xenobiaさん

    they の古語については存じ上げません。すみません。
    thou は古語とはいえ比較的よく見かけるのでブログを書かせていただいた次第です。

  • #5

    閲覧者 (日曜日, 25 8月 2019 18:07)

    聖書から thy とか thine の例文をとるのであれば、十戒もよいですが、主の祈り(The Lord's Prayer)もありですよね。
    ・hallowed be thy name Thy kingdom come Thy will be done on earth as it is in heaven
    ・for thine is the kingdom

  • #6

    あるま・まーた (水曜日, 28 8月 2019 14:04)

    ああ、このよく聞くフレーズを The Lord's Prayer というんですね!
    今回、教えていただいて、また一つ勉強になりました。ありがとうございます。
    他の記事でもなにか少しでもお気づきの点あれば、ご指摘いただけるとありがたいです!

  • #7

    ツブちゃん (金曜日, 26 6月 2020 19:14)

    Freilty, thy name is woman.の意味を調べていてこちらのサイトに出会いました。参考になりました。ところで説明の中に He know you both.の knowは knows になぜならないのでしょう? これも、いわゆる学習指導要領にはないことだと思いますのでご教示下さい。

  • #8

    あるま・まーた (金曜日, 26 6月 2020 20:27)

    ツブちゃんさん

    コメントありがとうございます。

    大変申し訳ございませんが、He know you は私の書き間違いです。
    訂正しましたのでお許しください。お手間とらせてスミマセン。

  • #9

    究極を極め頭痛が痛い (木曜日, 26 11月 2020 23:02)

    とても面白いです!
    他に英語の古い単語ってありますか?

  • #10

    あるま・まーた (金曜日, 27 11月 2020 15:23)

    究極を極め頭痛が痛い さん

    コメントありがとうございます。

    もちろん英語にも古い言葉はたくさんあります。ただ純粋に古英語(イギリス地域の昔の言葉)の流れの単語と、ギリシャ語や古代ローマのラテン語などが英語に取り込まれているものなどが語源はいろいろです。

    英語の深いニュアンスのわからない日本人の私には、細かいことはあまりご説明できないのでご了承ください。

    もし英語で検索するとしたら archaic という単語が一番適切と思います。辞書でも archaic という注記があれば「古英語、古語」という意味です。

    "archaic english words" で検索するといろいろ見つかるはずです。

    また個人的なおすすめは、紙の辞書で "be-" で始まる単語を見てみるとよいと思います。

    beget / bespeak / begone / befall / beware とか会話ではあまりみない英語に出会えます。ぼくは三国無双の英語版をやっていて begone とか befall を初めて見ましたので。

    古英語に出会うには、古英語をつかっている文章やコンテンツをみるとよいと思います。シェイクスピアとかは正直、読むのはかなりキツイです。中世ヨーロッパものとかハリーポッターみたいなファンタジー系は興味があれば、かなりいい題材になるかと思います。

    とはいえ文法も含めて考えるならやはり最強教材は「聖書」でしょうか。

    聖書は現代語から古英語までいろんなバージョンを一節ごとに一覧で表示することができるサイトがおおくあるので、それらを比較対象しながら読むことができます。最大の難点は昔の英語は現代よりも語順の制約条件が緩い感があって、品詞を正確に認識できないと、倒置や挿入でこんがらがってしまいます。その点、ブログで紹介した FF12 の召喚獣の文章もよくにています。

    私も勉強中の身ですので、あまり無責任なことはいえませんが、お役に立てるとすればこのぐらいでしょうか。またご質問くだされば、可能な範囲でお答えいたします。