· 

英文法解説にダマされていませんか?(英語うんちく No.003)

「英語はいったいどのように学ぶとよいのか?」についてはいろいろな意見がありますね。

 

そもそも「みんな違うことを言っている」という状況はよくありません。

 

 

ですが、どんなやりかたであれ必要なことが習得できているなら、最終的には成長できるはずです。

 

脳科学的に効果が~とか、長年の経験~とか、方法論は最終的にはあまり関係ないと思います。

 

 

「方法」ではなく「本質」

 

 

どんな道でも頂上に続いている限り、その道を歩けば頂上にたどり着きます

 

つまり本質的なことの学習につながるのか、道筋がそこからそれているか、だけの話なんです。

 

 

 

実際には多くの日本人は英語で困っています。

 

「多くの人ができない」と悩むのであれば、その理由は「英語の本質」であり「日本語の感覚では理解しにくいこと」にしっかりと対策がなされていない、ということですね。

 

公立中学で習う英語をみていると「ほんとうは説明をしなければいけないのにごまかしていること」がたくさんあるとわかります。

 

ではその「ごまかし」はどのようにおこなわれているのか?

 

それは「文の要素(SVOC)」と「品詞」という英語の絶対的ルールがあるのに、それを説明せずに「日本語=英語」の丸暗記をさせて英語を習得させようすることからでているようです。

 

きっと「難しい話をしても中学生にはわからないから、とりあえず無理やり覚えてもらおう」といっているうちに「気合と根性でたくさん練習してとりあえず覚える」になってしまったんでしょうか。

 

理由はわかりませんが、その指導の一点張りであることは確かです。

 

 

 

どれだけむずかしい内容であっても、その部分が重要なのであれば、どれだけ時間がかかっても教え込まなければなりません。

 

「文の要素 SVOC(語順ルール)」と「品詞(言葉の種類)」は日本語の「てにをは」と「活用(やさし、やさし、やさし)」に相当するもので、そこが抜ければまったくどうにもなりません。

 

日本の英語教育はどんな理由であれ、この「超基礎」の文法理解を徹底的に問うことが抜けています。

 

そのため、そのあとがどんどんゆがんでいくのです。

 

 

 

日本人にとっての英文法は「文の要素」と「品詞」が理解できていれば、関係詞も不定詞も受動態もすべてただのルールに従ったシンプルな形だとわかります。

 

あるま・まーたでは体験学習の時に「関係詞」と「不定詞」の解説をさせていただきます。

 

その理由は「日本語⇔英語の丸暗記」だととても手に負えないけれでも、「文の要素」と「品詞」の視点からみればとてもシンプルなことだと理解してもらいやすいからです。

 

 

 

ある高校生の生徒さんの保護者さんに、体験学習の後に感想を伺うと、

 

 

「家に帰ってきたときに『関係代名詞わかった』と言ってました。うちの子、あまりそういうことはいわないんですけど。」

 

 

と、おっしゃっておられました。

 

非常にうれしくなる一方で、つくづく英語は指導する側に課題があるのだなあと感じます。

 

本当は関係詞なんてたった一時間程度の解説で簡単にわかることなんですけどね。

 

 

日本人は英語が苦手なのではありません。

 

日本人と相性のよい英語の学び方に出会っていない人がたくさんいるというだけのことなのです。