現代文が苦手なのに英語をがんばっていませんか?

 

英語が苦手な人の中に「日本語を正確に読めない」という生徒さんが多くいます。

 

英語も日本語も同じですが「理解していない内容」に正しく対応できる人はいません。

 

 

英語がなかなか伸びない人の中には「高校レベルの現代文を理解する力がない」という人が、かなり多くいます。

 

そもそも「英語の前に日本語が・・・」という時には、現代文の個別指導も対応いたします。

 

 

現代文を正しく読めるように指導します。

 

現代文のトレーニングは実はシンプルです。

 

 

「単語」「熟語」「専門用語」などの知識がまず必要です。

 

そして「文脈」「論理展開」などを理解しながら、文章の主張や意図を理解していきます。

 

 

こういった能力は英語を、大学やビジネスレベルで使う際にも重要な能力です。

 

受験英語は暗記や繰り返しで対応できても「自分で判断する」という能力は身に付きません。

 

自分で論理的に判断する」ためには「意味や情報を正確に理解する」ことが重要です。

 

この能力は現代文を正確に読む訓練から身に着けることができます。

 

 

 

現代文の学び方

 

・言葉の意味に徹底的にこだわります

 

知らない言葉、あやふやな理解の言葉は徹底的に理解度を上げていきます。

 

「なぜこの言葉を使うのか?」「どうしてこんな表現になっているのか?」など一つ一つ確認してきます。

 

個々の言葉や表現の意味をしっかりと確認することで「文章全体の論理的なつながり」を意識して読めるようになります。

 

 

 

・論理的な思考を鍛え上げます

 

日本の文章は論理的な形式で書かれていない文章もよくあります。

 

それゆえ「論理的思考」がよくある学校の現代文の課題では育ちにくいのです。

 

個別指導で「なぜそうなるのか?」「どうしてこういう主張になるのか?」「根拠はどこにあるのか?」など徹底的に意味を掘り下げていきます。

 

論理的な思考そのものを鍛え上げることで、現代文を理解するサポートをしたします。

 

 

 

・歴史・哲学・思想・信仰について学びます

 

現代文では、言葉の知識や論理性だけでは対応できない内容に出会う時もあります。 

 

時事問題や社会問題は歴史の流れや宗教・思想を知らなければ対応できない場合があります。

 

さらに「共産主義」や「近代的自我」など、哲学の知識が絡んでくるような場合もあります。

 

高校の「倫理」「世界史」の教科書を使いながら、広く物事を知ることで、知識や教養を広げていきます。

 

 

 

英語の先生による現代文指導の意味

 

日本の授業で「論理的な文章の書き方」を習ったことがありますか?

 

おそらくほとんどの人にとってあまりないと思います。

 

 

英語と日本語では論理的な文章の書き方に違いがあります。

 

 

英語圏(私の場合はアメリカ)では、論文の書き方を叩き込まれます。

 

つまり論理的な思考も叩き込まれます。

 

 

この論理的思考力は英語でも日本語でも、現代文読解でも、小論文でも、絶対的に必要な能力です。

 

 

 

現代文・小論文のみの指導も行っていますので、お気軽にお問い合わせください。