成長できる考え方を大切にします

 

英語は言葉なので、一人で成長するには限界があります

 

いろいろな人たちと支え合い成長できる「考え方」をもっとも大切に考えています。これは、英語はもちろん、いろんな課題に応用できる「考え方」です。あるま・まーたでは、まずはしっかりと考える力を身に着けて、それを英語学習に応用していきます。

 

「どれだけがんばるか?」よりも「なにをするのか?なぜそれをするのか?どのようにするのか?」を重視します。


英語を「前から理解する文法力」が身に付きます

 

英語をスムーズに前から読めますか?

 

英語の語順で理解できないのに、リスニングやスピーキングは絶対できません。リーディングやライティングで不自然な勘違いや間違いがいつまでも治らないのは、正しい英語の語順が理解できていないことに理由があります。

 

英語はシステム的に構成されている言語で、語順や英単語の使用ルールが日本語よりも厳しく設定されています。文法を軽く見ると、小学生のような英語から抜け出せなくなります。

 

受験英語にこだわると、無理やり和訳を覚えてテストの点数を稼ぐことばかりしていて、英語を実際に話したり、深い意味をとらえる感覚を育てれなくなるので非常に危険です。

 

あるま・まーたでは幼少期に英語を体感する期間をもたなかった「日本語ネイティブ」でも日本語の特徴をしっかりと理解し、英語を前から理解する英文法をお伝えします。

 

英語をシステム的に前から理解できるようになると、世界が一気に変わります。ぜひチャレンジしてみてください!


英語の感覚・イメージをつかみます

 

知らない単語を調べたとき、和訳がたくさんあって困ることはありませんか?

 

直訳できる英語ばかりなら、翻訳サイトや辞書、スマホアプリなどがあるので苦労しません。直訳できない英語を無理やり日本語にしていると、英語が長く複雑になればなるほど、どんどんわからなくなっていきます。

 

同時に日本語でいくつも意味があっても、英語では一つの言葉でよい場合もあります。こういう言葉に出会ったときに、イメージに着目することで、感性が鍛えられ、理解に困ることが大きく減ります。

 

英語をイメージでとらえる力」と「前から理解する文法力」が日本語ネイティブが英語の感覚を身に着ける大きな助けになります。


英語発音のカラクリがわかります

 

英語の発音や文章をスムーズに話すことには、ちゃんと決まったルールや仕組みがあります。

 

英語でも日本語でも声というのは「口の形」と「舌の動き」と「息の出し方」さえ理解できてしまえば、マスターできてしまいます。

 

基本をしっかりとおさえて継続すれば「英語発音」は確実に身に着きます。さらに文法的な理由で自然に形が決まってしまう内容などは、あえてちゃんと発音しない場合もよくあるので、文法力がないとリスニングもダメになる場合もあります。

 

発音も感覚だけに頼らず、理解力を鍛えながら成長をサポートします。英語発音は幼いころからやらなくても、実は「基本の発音」と「基本をサボることでうまれる発音」の両方を知れば、劇的にレベルアップします。

 

実際にやってみると「ああ、それでこういう発音になるのか!」とわかっていただけると思います。


長期的な視野で成長をプランニングします

 

英語は暗記も練習もたくさん必要なのに、すぐに結果につながりません。

 

やみくもに努力しても、成長につながる可能性は低くなります。モチベーションの維持を一番支えてくれるのは、自分の成長を実感し続けることではないでしょうか。目標に向けて、あきらめずにがんばれる計画を一緒に作りましょう。

 

自分がどのようなに成長し、どのような能力を手に入れるのか、を具体的にイメージしながら、日々の努力を積み重ねていくサポートをします。


英語圏と日本の歴史・文化を学びます

 

言葉がどのように使われてきたかを知ると、とても視野がひろがります。

 

ヨーロッパの歴史やキリスト教を少し知るだけでも、英語の理解度がずっと深まりますし、日本をよく知ることも、英語の特徴を理解する助けになります。

 

そしてなによりも英語はレベルアップするには体で感じる能力もとても大切になりますので、日本の歴史や文化に触れて、同時に英語も学ぶイベントも行っています。

 

あるま・まーたは歴史が好きな方にも楽しんでいただける英語塾だと思います。


生きるヒントになる言葉を学びます

 

リーディング・スピーキングでは、英語の格言・名言をたくさん学びます。

 

すてきな言葉は人間として成長するヒントを与えてくれますし、相手のこころに届く言葉がつかえることが、もっとも大切な英語力です。あるま・まーたでは「自信をもって使える英語」を目指します。

 

それはネイティブの発音やスラングをたくさん知ることではなく、世界の人々と出会ったときに、お互いに自信と敬意をもって向き合える能力と精神をもつことだと考えています。