高校や大学受験で出てくる英語に困っていませんか?

 

英語は高校や大学受験レベルになると英語を正確に理解する必要があります。しかし日本の英語教育では和訳と丸暗記ばかりで英語を実際に運用できるような内容になっていません。

 

あるま・まーたでは独自の英文法の解釈や語順通りに理解する方法で英語を実際に理解できるようにしていきます。

 

 

高校生・大学受験(浪人生)の英語学習方針

高校生の生徒さんには大学受験を中心に対応させて頂いておりますが、留学等を含めて目標に合わせて柔軟に対応いたします。

 

あるま・まーたの方針として、定期テストや受験だけではなく、社会に出て実際に役に立つ英語の習得を目指しています。

 

大学生になったり、社会人になれば、実際に外国人と英語で話したり、情報を英語で入手するという機会が一気に増えます。そうなるとテストの点数ではなく「実際に英語を運用できるのか?」が重要になります。

 

実際に英語を使うには、論理的に文章を読むだけでなく、相手の意図を理解する感性、そして人間としての信頼関係をつくる力も必要になってきます。

 

世界にはいろんな考え方があり、様々な英語に触れることで視野を広げることができます。また世界の歴史を学ぶことで、世界を広く見る視野も並行して鍛えていきます。

 

 

高校英語の準備

 

あるま・まーたのカリキュラムでは中学でほぼ基本の内容は網羅するので、高校レベルでは基礎の応用がほとんどです。

 

「英語がそもそもまったくわからない!」という方は中学英語から始めて頂くとよいと思います。もちろんある程度知識のあって「丸暗記」から「本質的な理解」に切り替えたいという方には、中学英語の概要だけでも説明させていただきます。

 

 

英単語・イディオム

 

高校レベルでは単語とイディオムを含めて5000語を目安にしています。

 

さらに高校レベルの英語になると「多義語」もたくさん出てきて混乱してしまいます。

 

多義語は名詞、動詞、形容詞といった「品詞」が違う場合がほとんどなので、文法構造から品詞の種類を見抜く方法を教えます。品詞が分かれば、辞書を引けば「どの意味で理解すればよいか?」がわかるので、独学で文章をどんどん読んでいけるようになります。

 

イディオムや熟語は言葉の組み合わせで意味を成すため丸暗記ではなくイメージの解説にも重点を置きます。 そのためにオリジナルの資料で英単語のイメージや混乱しそうになるポイントを解説します。

 

さらに古英語の表現が残っていたり、例外的な使い方も「熟語・語法」などとして文法書に載っていることもよくあります。こういったケースでは古英語やラテン語の表現の知識が役に立つので、こちらも丸暗記をやめて解説いたします。

 

 

英文法

 

高校生レベルの英文は実際に世の中で使われている英語が課題で利用されます。そうなると英語ネイティブが当たり前のようにつかう文法や表現をマスターしないと歯が立たなくなってしまいます。

 

あるま・まーたでは「統語論文法(Syntax)」といって「ルール・システム重視の英文法」をつかって英語解説をします。

 

日本の英文法は「意味論文法(Semantics)」といって「「和訳重視の英文法」になっていますので、覚えれば覚えるほど「なぜそうなるのか?」の疑問がどんどん湧いてきます。

 

丸暗記をせず、文法用語や文構造の意味を正確に把握して、基礎から応用までシステム的に理解できるように英語を解説いたします。こうすることで難解な文章でもスムーズに英語の語順で理解でき、英語力テストでも高得点が狙えるレベルを設定します。

 

 

リーディング(英文読解)

 

原則的に一定量の英文を全訳し、その内容について徹底的に解説するという形をとります。

 

全訳は ①辞書なしでやる ②辞書ありでやる の2ステップでワンセットとしています。

 

「辞書なし」は自分の現状の実力を把握するためです。「辞書あり」でも単語を調べても論理性と文法力が弱いと、英語は読めないことを感じてもらいます。

 

教材は目標に合わせて国立二次試験・海外ドラマ・英語格言・小説・怖い話・なぞなぞなど柔軟に取り組みます。

 

 

ライティング(英作文)

 

英作文で一番重要なのは「小論文の書き方」をまず知識として覚えることです。

 

近年はデータ読み取りや主張といった小論文形式や自由記述形式の英作文が主流になってきており「何をいうべきか?」がわからないと手も足も出ません。

 

まずは論理的な考え方や文章の書き方からスタートします。あるま・マータでは国語の現代文の読解、小論文の書き方の指導も行っています。英語でも日本語でも「論理的な考え方」がベースになることは変わりありません。

 

英作文をつくる際には日本語そのものが「文脈重視の言葉であること」を解説します。英語は明確に主語や目的語などを指示するので、日本語に抜けている内容を補うアドバイスをします。

 

可能な限り英語の自然な形にあわせるように「日本語のほうを変える」練習をします。日本語で「よく使う言い回し」の代わりになる英語表現パターンをお伝えします。

 

 

リスニング・スピーキング

 

例文を大量に読み上げる練習をし、発音やリスニングの基礎力をつけています。

 

スピーキングはスムーズに文章を発声するトレーニングをまず最初に実施するので、文章を読むたびにレベルアップしていくようにカリキュラムを組んでいます。

 

リスニングはネットフリックスやアマゾンプライムなど教材となる動画を選んで、実際の動画を見ながら練習やアドバイスをさせていただきます。

 

 

高校英語でつまづいた方へ

 

高校英語は中学英語の応用がほとんどです。しかし中学では「和訳の丸暗記」になっていて、ほとんど品詞の見分け方や文法用語の意味などを解説されることはありません。

 

高校英語で出会う文章は、実際の英語でもよくみる応用表現がほとんどなので「基本を応用する仕組み」を知らないと混乱していしまいます。

 

品詞の意味、文法用語の意味の理解がぼんやりとしていませんか? あいまいな知識では、あいまいな理解しかできません。

 

あるま・まーたではルール・システムを重視する「統語論文法(Syntax)」をつかって「基本を応用する仕組み」を徹底的に解説します。

 

基礎をカンペキに理解することで、自由自在に応用することが可能になります。そうすれば努力すればするほど実力につながっていきます。

 

あるま・まーたでは英語の視点を180度変えて取り組むことで、英語力と自信を身に着けるお手伝いをさせて頂きます。