未来形、ホントはただの現在時制(英文法 No.014)

英語の時制は大きく分けて「現在」「過去」「未来」とならいませんでしたか?

 

いきなりですが「未来時制」というものは存在しないんです。

 

その理由は実はカンタンにわかりますので、早速、3種類の時制の例文を見ていきましょう。

 

 

 

「現在形」とはシンプルな現在時制の動詞

 

英語の現在形は「一般的にそういうものだよね」ということを表します。

 

 

I am a student. 

 

(私は = 生徒です)

 

 

I know the answer.

 

(私は 知っています その答えを)

 

 

 

「過去形」とはシンプルな過去時制の動詞

  

過去形は「現在からみて過去」の行動を表します。

 

日本語の過去形(~しました)とほぼ同じ理解でOKです。

 

 

I was a student. 

 

(私は 過去において= 生徒でした)

 

 

I knew the answer.

 

(私は 知っていた その答えを)

 

 

 

未来形?は未来時制?

 

それでは肝心の未来形です。

 

未来形とよばれるものは「助動詞 will」と「be going to」をつかう、と習いますね?

 

 

では実際に、例文を見ていきましょう。

 

 

 

★ 助動詞 will 

 

 

I will do it.

 

(私は するつもりです それを)

 

 

 

★ be going to 

 

 

I am going to do it.

 

(私は するつもりです それを)

 

 

 

未来形は仲間はずれ

  

「現在」「過去」「未来」のなかで、未来形だけが仲間はずれなのに気づかれましたか?

 

 

それでは一度、3つのパターンを並べてみましょう。  

 

 

I know the answer. (現在)

 

I knew the answer.(過去)

 

I will know the answer. (未来?)

 

I am going to know the answer. (未来?)

 

 

 

未来形が仲間はずれである理由はわかりましたか? 

 

現在形と過去形は動詞そのものが変化していますね。

 

 

 

 

未来形には「助動詞 will」や「be going to」が使われています。

 

ですが、動詞は変化していません!!!

 

決して goll とか comell のように動詞そのものが変形していないことがポイントです。

 

 

 

「未来」と「現在&過去」はどう違う?

 

未来形だけ動詞が変化しない理由はカンタンに説明できます。

 

 

「未来形」は「現在形」や「過去形」とは全く違うことだからです。

 

 

 

過去~現在」というのは「すでに実現した内容」のことです。

 

それに対し「未来」は「現時点からみて今後、実現する予定」です。

 

 

つまり英語では「起こったこと」と「起こっていないこと」の大きく2つに分かれるということです。

 

 

 

未来形といっても、決してタイムマシンでみてきた未来の話をしているわけではないんです。

 

 

今のところ~になる予定

 

今の時点で~のつもり

 

 

これらが、助動詞 will と be going to の本質なんです。

 

 

 

英語の未来形は現時点の予定

  

英語での未来形とは「現時点での将来への方向性」の話をするだけです。

 

実際にそのような未来が存在する確証はどこにもありません

 

 

これは「助動詞 will」も全く同じで「現時点での意思・予定」にすぎません。

 

英語の未来形は現時点での予定・意志のようなものだと理解してください。

 

 

 

この「予定&実現」の区別は、キリスト教の理解なしでは、深く理解できません。

 

興味のあるかたはこちらのブログをご覧ください。

 

英語の未来と完了はキリスト教と仏教でわかる(英語うんちく No.009)

 

 

 

助動詞 will は「未来への意志」

 

それでは 助動詞 will を詳しく解説します。

 

 

助動詞というのは can, shall, may のように動詞をサポートすることば(品詞)です。

 

 

will は「意志」という意味です。

 

 

he has a strong will.

 

(彼は 持っている 強い意志を)

 

 

このように助動詞以外でも名詞として使います。

 

 

では「助動詞 will」を見ていきます。

 

 

 

・助動詞 will

 

 

① ~するつもり(自分の意志 

 

 

I will do it tomorrow.

 

(私は 未来においてするつもりです それを 明日)

 

  

 

② ~するだろう(他者・God の意志) 

 

 

He will go there tomorrow.

 

(彼は 未来において 行くだろう そこへ 明日)

 

 

It will rain tomorrow.

 

(それは みらいにおいて雨が降るだろう 明日) 

 

 

 

will は「現時点での未来への意志」をあらわす助動詞です。

 

 

「未来時制」ではなくwill の時制は「現在形」です。

 

 

will の過去形は「would」なので、もし「will」が「未来時制」ならつじつまが合わなくなります。

 

 

他の助動詞とならべてみましょう。

 

 

・ can / could (現在 / 過去)

 

・ may - might (現在 / 過去)

 

・ shall - should (現在 / 過去)

 

・ will - would (未来?? / 過去)

  

 

正しい理解はこうなります。

 

 

★ will: 現時点からの意志・予定をあらわす助動詞

 

★ would:過去の時点からの意志・予定をあらわす助動詞

 

 

 

be going to は「未来へ進行中」

 

 

「be going to = ~するつもりです」という意味で未来形ですよ。

 

 

学校でこのように習いませんでしたか?

 

 

実はこれは大ウソなんです!!!

 

be going to の時制は「be動詞」で決まります

 

 

ですので時制は現在もしくは過去になります。

 

 

 

am going to do it. (現在形)

 

(私はそれをするつもりです)

 

 

was going to say that. (過去形)

 

(私はそのことを言うつもりでした)

 

 

 

では、なぜこのような「未来っぽい」意味になるのでしょうか?

 

この理由を理解するために be going to を分解して理解する必要があります。

 

 

 

be going to は合わせ技

 

この表現は「be going to」でまとめて考えると、ホントのカタチを見失います。

 

ではどうすればよいかというと、下の「」と「」にわけて考えてみましょう。

 

 

I am going to go to school.

 

 

I am going  

 

(私は = 向かっています

 

  

これは進行形(INGの形容詞用法である現在分詞)なので、現時点で動作が進行しているイメージが働きます。

 

なぜ進行形を現在分詞と理解するのか知りたい方はこちらをご覧ください。

 

進行形の正体は動詞っぽい形容詞(英文法 No.011)

 

 

to go to school 

 

向かう方向 ⇒ 学校)

 

 

to go」は不定詞というクセモノです。

 

しかし、不定詞よりも go の意味が重要です。

 

ここで重要なのは go を「行く」という日本語にしないことです。

 

 

 

go の意味は「ここでないところにいく」

 

go の意味を「行く」と思っていませんか?

 

正解です。

 

しかし、実は go にはもう少し深い意味があります。

 

 

行き先も「場所」だけでなく「状態」「未来」などを「go」の進む先の内容として使うことができます。

  

 

go」は「ここではないところに向かう」というイメージの言葉と覚えてください。

 

 

 

ING は「進行」不定詞 to do は「予定」

 

それでは「going」と「不定詞 to do」をわけて説明してみます。

 

 

 

「going」 向かっている状態

 

going は「進行形」でおなじみの表現ですね。

 

詳しくいうと動詞 go が進行イメージを持つ「現在分詞 going」に変身した形容詞です。

 

進行形とは「be 動詞 + 現在分詞(be + ~ing)」の動詞のバリエーション表現のことです。

 

進行形という時制は存在しません。(ただ文法書によりそういう解釈をしているものはあります)

 

 

 

「to do」 ~する方向

 

不定詞は動詞を目標にできる表現です。

 

to do list のように「行動」を「将来、未来の予定」とする表現です。

 

 

 

ではこれらをまとめて「未来を示す be going to」の正体を見てみましょう!

 

 

be動詞 + going + to do (不定詞)

 

 

意味は単に「現時点で~する方向に向かっている」です。

  

 

つまり「ING(進行)と不定詞(予定)の合わせ技」です。

 

 

 

もちろん be動詞が過去形になれば、当然、過去の時点での話へと変わります。

 

それでは先ほどの例文を訳してみましょう。

 

 

 

am going to do it. (現在形)

 

私は =(現時点で)向かっています する方向へ それを。

 

(私はそれをするつもりです。)

 

 

つまり「現時点で自分の未来の行動について話している」ということです。

 

 

 

was going to say that. (過去形)

 

私は =(過去の時点で)向かっていました 言う方向へ そのことを。

 

(私はそのことを言うつもりでした)

 

つまり「過去の時点から自分の未来の行動について話している」ことになります。

 

 

 

「be going to」が将来の方向性に目を向けているものの、本質的には現時点で進んでいることを意味します。

 

そう考えると、下の2つの文章にはあまり違いはありません。

 

 

 

① going の行き先が場所 

 

 

I am going to school

 

 私は = 向かっています ⇒ 学校へ。

 

 

 

② going の行き先が不定詞(to go つまり、行動が目的地)

 

 

I am going to go to school. 

 

 私は = 向かっています 行く方向へ 学校へ ) 

 

 

 

②の訳は「私は学校に行くつもりです」となります。

 

しかし、本当はあくまでも「現時点で学校に行く方向に向かっている」という意味です。

 

 

「be going to do」となっていても、英語の語順通りに理解すればいいです。

 

 

なによりもまず「go」が向かっている内容は何なのか?ということを適切に判断することが重要です。 

 

 

 

will と be going to の違い

  

be going to は will と違って「実現しそうな未来」というイメージがあるという解説もあります。

 

 

それは単純に「go to」へ進行イメージを加えた「そこに向かっている状態です」という表現だからでしょう。

 

 

一方、「will」は意志をあらわします。

 

現状に関係なく意志を示すことができます

 

 

(今はムリだが)いずれ~してやるぞ!

 

(今は違うけど)ものごとはそうなるものだよ

 

(今がどうであれ)そのうち~のようになるさ

 

 

このようなイメージで使えます。

 

 

なぜ 「自分の意志」ではないのにこのような時に「will 意志」をつかうのでしょうか?

 

 

 

God's Will で世界は進む

 

 

世界には自分の意志とは別に「大いなる意志」が働いています。

 

アジア文化圏では「天命」のようなものでしょうか。

 

英語はキリスト教文化圏ですので God's Will (絶対神の意志)が存在します。

 

キリスト教には「世界をつくった絶対神 God」がいます。

 

その God は天から我々をみまもっているとキリスト教徒は考えます。

 

  

 

God は世界を理想に近づける意志(will)を持ち、計画を実行中である

 

God の偉大なプランの中では、いずれ物事はあるべき姿になる

 

 

このように「物事が God の意志で進む」という感覚でつかわれる「will」もよくあるので注意です。

 

そして「未来」だけでなく「完了形」もキリスト教と深くかかわっています。

 

興味のあるかたはこちらのブログもどうぞ。

 

英語の「完了」と「未来」はキリスト教と仏教を知るとわかる(英語うんちく No.009)