· 

羊羹は yokan で

生徒さんがご家族で島根に行ってこられたお土産に出雲の羊羹をいただきました。

 

「水あめを使っていないから買った」とのことで目利きが利いているチョイスですね。

 

もちろん甘すぎずとてもおいしくて、一緒に頂けてありがとうございました。

 

 

さて羊羹についてですが、英語版wikiで早速調べてみると、こう書いてありました。

 

 

"Yōkan is a thick, jellied dessert made of red bean paste, agar, and sugar."

 

" agar "ってなんやねん!?と思いさらに調べてみると、なんと「寒天」でした。

 

もともとマレー・インドネシア語で赤い海藻を意味するagar-agarが語源だそうです。

 

 

wikiをさらに読み込むと、もっと面白いことに寒天を世界で最初に見つけたのは美濃太郎左衛門という京都の旅館の主人だそうです。

 

外に捨てたところてんが寒ざらしになっているのを偶然見つけ「寒天」をつくったそうです。

 

これを京都の黄檗宗萬福寺(おうばくしゅうまんぷくじ)の隠元和尚に食べてもらったところ、精進料理に使えるとなり、「寒天」とこの時に命名されたとのことです。

 

  

ちなみにインゲン豆はこの隠元和尚が中国から持ってこられた豆のこととされています。

 

隠元さんは明からの渡来僧なので萬福寺もとても中国風情のあふれるお寺となっており、日本のお寺のイメージを覆すものがたくさんあります。

 

特に有名というわけではないこともあり、京都でぜひおススメしたいお寺の一つではあります。