· 

未知の味 タイランド産の ハーブティー

日本旅行に来られたタイ人一家とお知り合いの生徒さんから、タイ産のハーブティー(herbal tea)をお裾分けで頂きました。

 

しかし説明書きはすべてタイ語なので、文字からして左右どちらから読むのかもわかりません。

 

名前だけかろうじて英語で表記してあったので、ご紹介しようと思います。

 

 

 

lemon grass: 言わずと知れたレモングラスティーです。すっきり爽快とはまさにこのこと。

 

 

pandan: タコノキという松の木(pine)の仲間でパイナップル(pine apple)のような果実をつけるそうです。

 

ティーバッグに入っていたのは葉のほうで、東南アジアでは料理の香りづけにつかうようです。

 

私の味覚で表現するなら、すごくなめらかで甘い香りのするイグサでしょうか。

 

まあ、つまり新しい和室ですね。おいしく飲めるのですが、あえて表現するとこうなります。

 

 

bael tea: インドカラタチなどと呼ばれているフルーツで、味としてはあまりクセがなくて飲みやすいです。

 

私の味覚で表現するなら、キツさのないマイルドなカモミールティーでしょうか・・・。

 

また、この bael には英語の別名がたくさんあるようですのでご紹介します。

 

 

Bengal quince: quince とはカリンのことだそうですね。

 

golden apple: ヨーロッパの伝説には黄金のリンゴの話がよく出てきます。

 

stone apple: めちゃ固い感じが伝わってきます。

 

wood apple: ガシガシな感じが伝わってきます。

 

Japanese bitter orange: 英語では「apples and oranges」というイディオムがあり、「まったく違うモノで比べられるものではない」という意味があります。

 

 

そんなリンゴとオレンジの橋渡し役が bael というわけですね。たぶんこの英訳はカリンのことなんでしょうが。

 

 

アジアのハーブティーはまったく予想もつかない味と香りが楽しめるのでいいですね!

 

そもそも日本になじみのないものなので、ネタにも困らないので助かります!