· 

英語でイカは何という? Squid Cuttlefish Calamari の違い

なんどもお世話になっている富山のゲストハウス(富山京町ゲストハウス)のオーナーさんご夫妻が神戸に遊びに来きてくれました。

 

富山の名物、ホタルイカ、するめ、白エビの干物をお土産でいただいています。

 

ありがとうございました!

 

 

 

 


英語のイカは主に3種類

 

というわけで、イカについてみていきましょう。

 

英語のイカには大きく分けて3つのいい方があります。

 

 

・squid

 

・cuttlefish

 

・calamari

 

 

 

ちなみにイカは漢字で書くと「烏賊」となります。

 

「烏(カラス)」の「賊」とはなにやら物騒な漢字です。

 

 

英語を調べていたのですが、漢字のほうが気になって仕方ありません。

 

そこで、すこし寄り道をしてイカの漢字について調べてみました。

 

 

 

Wikipedia によると漢字の「烏賊」の由来はこうあります。

 

 

『漢字「烏賊」の由来は、海に飛び込んでイカを食べようとしたカラスをイカの方が巻きついて食べてしまったとの故事に由来するとの説や黒い墨を吐き出すことから黒を意味する「烏」の賊という字があてられたとの説など諸説がある』

 

(引用元:Wikipedia イカ

 

 

 

ちなみに烏龍茶「烏(カラス)」も同じで「」という意味です。

 

中国の故事には「金烏」という「3本足の烏」が住むとされています。

 

これは「太陽の黒点 (sunspot)」を表すとされています。

 

 

 

同様に英語にも黒い動物を「色」の表現に使うケースはあります。

 

 

私の知っている範囲だと、動物の「クロテン(黒貂)」を意味する sable が「真っ黒」という意味を表します。

 

sable の場合、ニュアンスとしては文語調のようです。正直、私はネイティブでないのでわかりかねますが・・・。

 

 

それでは話を本題に戻して「イカ」の英語に進んでまいります!

 

 

 

英語の Squid はただのイカではない!?

 

まずは squid ですが、英語では一般的なイカの呼び方です。

 

 

しかし厳密には、日本語の「イカ」とはすこし違った意味を持つようです。

 

 

日本語の Wikipedia の「イカ」によると・・・

 

 

『イカ(squid(ツツイカ)またはcuttlefish(コウイカ))は、海生軟体動物の一群である。分類学上は軟体動物門頭足綱十腕形上目(または十腕形目) Decapodiformes とされる。十腕目 Decembrachiata とも。英語では体内に甲を持つものを英: cuttlefish、ないものを英: squidと呼んでいる。

 

(引用元:イカ - Wikipedia

 

 

 

とのことです。

 

 

つまり squid は単なるイカというより「ツツイカ」を表す言葉です。

 

日本語で「イカ」とよんでいても、英語では「ツツイカ squid」と「コウイカ cuttlefish」の区別があることになります。

 

 

我々がよく見るスルメイカやアオリイカは、この「ツツイカ(筒烏賊)」に入ります。

 

 

 

次に、英語の Wikipedia の「Squid」の記事によると・・・

 

 

"Squid are cephalopods in the superorder Decapodiformes with elongated bodies, large eyes, eight arms and two tentacles. Like all other cephalopods, squid have a distinct head, bilateral symmetry, and a mantle. They are mainly soft-bodied, like octopuses, but have a small internal skeleton in the form of a rod-like gladius or pen, made of chitin."

 

(引用元:Squid - Wikipedia

 

 

 

ここで、すこし気になる記述をみつけました。

 

 

"(They) have a small internal skeleton in the form of a rod-like gladius or pen, made of chitin."

 

 

どうも squid の特徴は gladiuspen と呼ばれる内骨格(internal skelton)を持つことも入るようです。

 

 

これは日本語で「軟甲」といい、スルメイカなどを捌くときに、目のあたりから奥に手を入れて引き抜く細長い透明な骨のようなもののことです。

 

(参照:Gladius (cephalopod) - Wikipedia

 

 

 

ちなみに gladius は、古代ローマの兵隊の持っていた短剣に由来します。たしかにイカの軟甲は片手用の短剣にみえなくもありません、

 

(参照:Gladius - Wikipedia

 

 

また、古代ローマの公用語はラテン語ですので、この gladius もラテン語由来になります。

 

ラテン語の複数形の変化は、英語と少し違います。

 

"-us" で終わる単語の複数形は gladii のように "-i" で終わります。

 

 

当然、英単語の中にもラテン語の複数形の特徴が残っているものがあります。

 

例を挙げると・・・

 

 

・サボテン: cactus - cacti

 

・刺激: stimulus - stimuli

 

 

などなど・・・

 

 

ほかにラテン語由来の英単語の複数形を知りたい方はこちらをどうぞ。

 

ヒントはサボテン?ラテン語由来の複数形は「us」⇒「i」

 

 

 

話が大分逸れてしまいました。

 

では、次に「コウイカ」はどんなイカなのか見ていきましょう。

 

 

 

英語の cuttlefish ってどんなイカ?

 

さきほどのツツイカと別のグループがコウイカ(甲烏賊)です。

 

このコウイカcuttlefish と呼ばれています。

 

 

日本語の Wikipedia の「コウイカ」によると・・・

 

 

『十腕形上目(イカ類)は伝統的に、底生で甲を持つコウイカ類(底生で甲は退化するダンゴイカ類を分けることも多い)と遊泳性で石灰質の甲を持たないツツイカ類に二分され、そのうちの前者に属している。』

 

(引用元:コウイカ - Wikipedia

 

 

 

そして英語の Wikipedia の Cuttlefish の記事によると・・・

 

 

"Cuttlefish or cuttles are marine molluscs of the order Sepiida. They belong to the class Cephalopoda, which also includes squid, octopuses, and nautiluses. Cuttlefish have a unique internal shell, the cuttlebone, which is used for control of buoyancy."

 

(引用元:Cuttlefish - Wikipedia

 

 

 

つまり遊泳型のコウイカの特徴は浮力調整のための「甲(cuttlebone)を持つこと」にあります。

 

 

また、さらに Wikipedia を読み進めると・・・

 

 

'The "cuttle" in cuttlefish comes from the Old English name for the species, cudele, which may be cognate with the Old Norse koddi (cushion) and the Middle Low German Kudel (rag).'

 

 

とあります。

 

 

「甲」を意味する cuttle というのは古代北欧語(Old Norse)の「クッション」が語源のようです。

 

 

ここで squid と cuttlefish の違いがよくわかるサイトがあるので紹介します。

 

How to Tell the Difference Between Squid and Cuttlefish

 

 

こちらによると・・・

 

 

 

「squid(ツツイカ)」は gladius や pen をもつ高速遊泳型。

 

「cuttlefish(コウイカ)」は cuttlebone をもつ浮遊型。

 

 

とのこと。

 

なるほど!よくわかりました。

 

 

 

英語の calamari ってどんなイカ?

 

やっとこさ calamari までやってきました。

  

さて、この calamari ですが、これは「食材としてのイカ」を表す際に使われる言葉のようです。 

 

 

シーフードレストランの英語メニューを見て「なんやこれ!?」と思う食材の筆頭ではないでしょうか。

 

 

ちなみにエビを意味する prawn も同じくアメリカで初めて見たとき「なんやこれ!?」と思ったのを覚えています。

 

エビは shrimp と思い込んでいたので、別の食材だと思っていました・・・。

 

 

 

エビはさておき calamari の言葉の由来ですが、17世紀にイタリア語から英語に入ってきた言葉のようです。

 

もともとは中世ラテン語で「墨壺」を意味し、さらにさかのぼると「葦のペン」を意味する言葉に由来するようです。

  

 

たしかに語感として英語っぽくない感じをしています。

 

 

詳しくは、下記の英語辞書サイト merriam-webster を参照ください。

 

 

'The word calamari was borrowed into English from 17th-century Italian, where it functioned as the plural of "calamaro" or "calamaio." The Italian word, in turn, comes from the Medieval Latin noun calamarium, meaning "ink pot or "pen case," and can be ultimately traced back to Latin calamus, meaning "reed pen."'

 

(引用元)https://www.merriam-webster.com/dictionary/calamari

 

 

 

こう見ていくと「イカ」は「食材」であることと同様に「墨」や「黒い色」のイメージが強いと感じました。

 

 

 

「頭と足」のもつ10本足=8本腕+2本触手

 

せっかくここまで詳しく見てきたので、どうせならイカの生物学的な分類まで話を広げていこうと思います。

 

 

イカやタコのような仲間を学名で「頭足類 cephalopod」といいます。

  

これはギリシャ語(Greek)で cephalo は「」そして pod は「」を意味する言葉に由来します。

 

 

 

この頭足類は大きく分けるとこの4種類のようです。

 

 

・ツツイカ(squid)

 

・コウイカ(cuttlefish)

 

・タコ(octopus)

 

・オウムガイ(nautilus)

 

 

 

もともと頭足類は貝から進化したようで、イカの甲は殻が体内に取り込まれたもののようです。

 

つまりツツイカの軟甲も、コウイカの甲元々は貝殻だったということみたいです。

 

 

それゆえ殻をもつオウムガイイカやタコとご先祖様は同じというわけです。

 

 

  

さて頭足類の中でもイカは decapodiforms といいます。

 

 

ちなみに dec はギリシャ語そしてラテン語でも「10」を意味します。

 

先ほども出ましたが pod はギリシャ語で「足」を意味します。

 

 

つまりイカの学名は「10本足の仲間」ということです。

 

 

これはちょうど頭足類からタコやオウムガイを除いた、「イカの仲間だけの分類」です。

 

 

 

 

しかし「10本足」といいながら、実は生物学上は「イカには足がない」ようです。

 

 

さきほどの Wikipedia の Squid から引用します。

 

 

"Squid are cephalopods in the superorder Decapodiformes with elongated bodies, large eyes, eight arms and two tentacles."

  

  

つまり「10本足」は2本の触手(2 tentacles)8本の腕(8 arms)のようです。

 

 

だとすると次の疑問がわいてきます。

 

 

そんなら「腕」と「触手」の違いってなんやねん?

 

 

ご安心下さい。

 

英語で「腕」と「触手」の違いの解説を見つけましたので紹介します。

 

 

"Arms, like those on an octopus, have suction cups the entire length of the limb. Tentacles only have suction cups near the end of the limb. Some Cephalopods have arms, some have tentacles, and some have both!"

 

(引用元:GET TO KNOW THE FOUR TYPES OF CEPHALOPODS

 

 

 

この文章を簡潔にまとめてみると・・・

 

 

・触手(tentacle):吸盤が肢(limb)の先端だけにある

 

・腕(arm):吸盤が肢(limb)の全体にある

 

 

ということです。

 

 

さらにイカのなかには「10本の腕」をもつ種類もいるようです。

 

おそらく、そういう種は吸盤が10本すべての腕の全体にあるのでしょう。

 

 

 

日本語でタコ、英語で Squid と呼ばれる激レア種

 

漢字から始まって、ついに学名までたどり着きました。

 

しかしまだミステリーがあります。

 

 

頭足類というのは分類が非常に難しいようです。

 

いまだにどのような特徴で分類するのか統一見解が得られていないようです。 

 

 

そんな頭足類を代表するかのような「日本語でタコなのに英語ではイカ」になる超珍しい生物を見つけました。

 

 

 

その生き物の名はコウモリダコ

 

そして英語では vampire squid(吸血イカ)と呼ばれています。

  

 

Wikipedia のコウモリダコによると・・・

 

 

『コウモリダコは実際にはイカでもタコでもなく、それらが種として分化する以前に存在した祖形を継承している現生種であると考えられている。分類上も、八腕形上目、十腕形上目、そして、独立のコウモリダコ上目と、本種が属すべき分類区分を巡っては諸説あって定まらない。』

 

(引用元:コウモリダコ - Wikipedia

 

 

 

なんとこんな種類がいるんですね。

 

 

以前 NHK でコウモリダコの生態を撮影したドキュメンタリーをみたことがあります。

 

当時はそんなに珍しい種類だとは思いもしませんでした。

 

こうやって改めて調べてみてコウモリダコ(vampire squid)のユニークさを新発見できました。

 

 

 

英語と日本語の両方で調査すると発見がある

 

squid と cuttlefish の違い調べていて、最後にイカとタコが入り乱れる事態になりました。

 

 

日本語と英語では意味が違う時があります。

 

 

英語にだけさらに細かい分類がある場合もあります。

 

逆に日本語のほうがとんでもなく細かい分類がある場合もあります。

 

 

和訳だけ調べて分かった気になるのはカンタンです。

 

しかし、そこからさらにどんどん調べていくと、さらなる発見に出会う時があります。

 

 

同じことであっても2か国語以上で調査することで、より視野が広まります。

 

といっても私は日本語と英語のバイリンガルどまりなので、エラそうなことは言えませんが・・・。

 

 

日本語と英語で意味が違うことに注目したブログをいくつか書いてます。

 

興味のあるかたはどうぞ。

 

 

【 戦略と戦術 】

 

戦術 tactic と戦略 strategy の違いは英語だとよくわかる(英語うんちく No.020)

 

 

【 shrine と temple 】

 

英語で「神社」が shrine(シュライン)「お寺」が temple(テンプル) になる理由(英語うんちく No.019)

 

 

【 日本の天皇とヨーロッパのエンペラー 】

 

 

天皇はなぜ英語でエンペラー(皇帝)なのか?(英語うんちく No.012)

 

 

【 ヨーロッパのエンペラーとキング 】

 

英語のエンペラー (皇帝) とキング (王) の違い(英語うんちく No.011)

 

 

【 中国の皇帝と国王 】

 

中国の「皇帝」「王」「国王」の違い(英語うんちく No.010)

 

 

 

【 カレイ と ヒラメ 】 

 

カレイとヒラメは英語でなんという?