· 

英語でエビは何という? Shrimp Prawn Lobster Crayfish の違い

なんどもお世話になっている富山のゲストハウス(富山京町ゲストハウス)のオーナーさんご夫妻が神戸に遊びに来きてくれました。

 

富山の名物、ホタルイカや白エビの干物をお土産でいただいています。

 

ありがとうございました!

 

 

 


英語のエビは主に2種類

 

エビは漢字で書くと「海老」「蝦」の2種類あります。

 

そこで気になって Wikipedia で調べてみました。

 

 

『和語の「えび」は、元々は葡萄、あるいはその色のことだった。葡萄の色に似ていることから、蝦・海老のことを「えび」と呼ぶようになった。現在でも「葡萄色」と書いて「えびいろ」とも読む。漢字表記の「海老」や「蛯」の字は曲がった腰と長い髭を老人に見立てたものである。漢字表記の「鰕」や「蝦」の字は中国でもエビを意味する漢字である』

 

(引用元:エビ - Wikipedia) 

 

 

 

なるほど!エビはもともと和語で、そこに漢字をあてたようです。

 

 

ところで「大和言葉」と「和語」の区別が気になる方は、次の Wikipedia の記事も参照ください。

 

大和言葉 - Wikipedia

 

 

 

では、話を本題に戻して「エビ」の英語に進んでまいります!

 

英語のエビには大きく分けて2つのいい方があります。

 

 

・shrimp

 

・prawn

 

 

それぞれの違いを詳しく見ていきましょう。

 

 

 

Shrimp と Prawn はどう違う?

 

英語で調べるまでもなく、日本語の Wikipedia におあつらえ向きの記事が載っていましたので紹介します。

 

 

『英語における呼称は大きさにより分けられており、クルマエビ程度で「prawn(プローン)」、小さなエビは「shrimp(シュリンプ)」と呼ばれる。「Lobster」(ロブスター)という呼称はアカザエビ科、特にその中のロブスター属の種類を示すが、それ以外の大型エビ類、例えばイセエビ上科の種類の呼称にも「lobster」が付いている(例えばイセエビ科は「spiny lobster」、セミエビ科は「slipper lobster」)。』

 

(引用元:エビ - Wikipedia

 

 

 

日本語の Wikipedia よると「大きさ」で決まっているとのこと。

 

基準があやふやな気もしますが、ともかく簡潔にまとめると・・・

 

 

Shrimp:小さなエビ

 

Prawn:車エビ程度の大きさのエビ

 

Lobster:それより大型のエビ

 

 

となります。

 

 

 

こういった大きさでわけるのは一般的なようで、Oxford Dictionary などでも、 shrimp < prawn となっているようです。

 

しかし、英語の Wikipedia を読み進めると、どうも様子が違うようです。

 

 

では実際に、英語の Wikipedia の「Prawn」の記事を見ていきましょう。

 

 

"The term prawn is used particularly in the United Kingdom, Ireland, and Commonwealth nations, for large swimming crustaceans or shrimp, especially those with commercial significance in the fishing industry."

 

 "In North America, the term is used less frequently, typically for freshwater shrimp. The terms shrimp and prawn themselves lack scientific standing. Over the years, the way shrimp and prawn are used has changed, and these days the terms are almost interchangeable."

 

(引用元:Prawn - Wikipedia

 

 

 

なるほど。

 

つまり prawn特にイギリスと関連の強い国々において大型のエビを表すのによく使われる言葉ということらしいです。

 

そして北米ではエビにあまり使われない用語のようです。

 

 

 

と、ここまではいいのですが!

 

後半部に捨て置けぬ表現を見つけました!

 

 

"The terms shrimp and prawn themselves lack scientific standing. Over the years, the way shrimp and prawn are used has changed, and these days the terms are almost interchangeable."

 

 

 

おっと! ここまでとは話が違います。

 

 

shrimp と prawn は科学的見地を欠く用語であると!

 

近年に至っては、どちらもほぼ同じように使われていると!

 

 

 

なんということでしょうか。

 

shrimp と prawn の違いを調べていて、Oxford Dictionary の説明と相反するようなことが Wikipedia に載っています!

 

 

これはもっと詳しく調べる必要があります。

 

 

 

生物学的に Shrimp と Prawn の違いはない!?

 

先ほどの「shrimp と prawn の使い分けは適当でいい説」は聞き捨てなりません。

 

深堀するために 英語の Wikipedia の「Shrimp」と「Prawn」の両方の記事を読みました。

 

 

Prawn - Wikipedia (記事の冒頭部分) 

 

Shrimp - Wikipedia (該当箇所は Shrimp vs Prawn のコラム)

 

 

 

するとおもしろいことに、どちらにも「同じ内容」が載っていました。

 

では、その「同じ内容」を見ていきましょう。

 

 

"The terms shrimp and prawn are common names, not scientific names. They are vernacular or colloquial terms which lack the formal definition of scientific terms. They are not taxa, but are terms of convenience with little circumscriptional significance. There is no reason to avoid using the terms shrimp or prawn when convenient, but it is important not to confuse them with the names or relationships of actual taxa."

 

 

 

上記の英文和訳に Google 翻訳をつかいましたが便利ですね~。

 

学術的な英文ならかなりの精度で訳してくれます。すこし手を入れてはいるものの、今回かなり楽をさせてもらいました!

 

 

shrimp と prawn という用語はあくまで通名であり、学名ではありません。両方とも科学用語としての定義を欠いている俗語や口語になります。それらは生物を分類する上でのグループを示してはいませんが、区別を明確にしなくて済む便利な用語になります。shrimp や prawn を使い分けることが便利な場合には、あえて避けるべき用語ではないですが、実際の生物の分類上の名前や名前同士に関係性があると勘違いしないことが重要です。』

 

 

 

なんと shrimp や prawn はあくまで通名で、俗語口語になるとは!

 

つまりエビの英語表現が「大きさ」によって決まる、というのはあくまでも「そういう感じで使われている」というだけのようです。

 

 

「生物学的な分類には shrimp と prawn の違いは全く関係ない」という理解が必要になります。

 

これは要注意です。

 

 

 

ロブスターもエビの仲間なのか?

 

冒頭で紹介した通り、日本語の Wikipedia には Prawn よりも大きなエビは Lobster と呼ばれると書いてありました。

 

shrimp と prawn の違いの件もあるので、注意しながら lobster も調べてみましょう。

 

 

日本語の Wikipedia の「ロブスター」の記事によると・・・

 

 

『広義の「ロブスター」は、イセエビやアカザエビなども含めた大型の歩行型エビ全般を指す総称で、淡水産ザリガニ類のマロンや、鑑賞用に飼育されるショウグンエビ類なども含む。ちなみにイセエビ類は英語でスパイニーロブスター("Spiny lobster"、棘のあるロブスター)と呼ばれる。』

 

(引用元:ロブスター - Wikipedia

 

 

 

まとめると・・・

 

ロブスター、ザリガニ、イセエビは全部ロブスターの仲間!

 

とのことです。

 

 

ちなみにロブスターの仲間の英語はこうなります。

 

 

ロブスター:lobster

 

イセエビ:rock lobster, spiny lobster

 

ザリガニ:crayfish

 

 

このロブスターの仲間も「大型のエビ」であることが特徴です。

 

しかし大きさだけで分けられているのではないようです。

 

 

ちょうど英語の Wikipedia の「Shrimp」に分類が載っていたので引用します。

 

 

"Clawed lobsters and spiny lobsters are an intermediate evolutionary development between shrimp and crabs."

 

 

 

つまり甲殻類(crustacean)には「エビ」「カニ」の仲間がいますが、それとは別に「進化の中間的存在」として「ロブスター」が位置するようです。

 

 

いわゆる一般的に「ロブスター」と認識される「ハサミありのロブスター(clawed lobster)」の場合は「硬い殻」や「大きな爪」も特徴のようです。 

 

 

それだけにイセエビ(rock lobster や spiny lobster)は、ザリガニやハサミありのロブスターとは少し遠い親戚になるようです。

 

ザリガニとロブスターは分類上、同じ 「科 family」に属しますが、イセエビはそれよりも一つ上の分類で同じ仲間になります。

 

 

生物学の分類については、こちらを参照ください。

 

 

Taxonomic rank - Wikipedia

 

階級 (生物学) - Wikipedia

 

 

となると「大きさで shrimp < prawn < lobster」という分け方は、一般的にはよいのかもしれませんが、これまた生物学的には適切ではないようです。

 

甲殻類の分類の1つに「ロブスター」があると思ったほうがよさそうです。

 

 

もちろんさらに細かな分類は存在し、複雑で混乱しそうです。

 

 

エビ、カニ、ロブスター、ヤドカリなどを含む分類で「十脚目 docapoda/decapods」があるので Wikipedia のリンクを紹介します。

 

 

Decapoda - Wikipedia

 

十脚目 - Wikipedia

 

 

より正確な理解をしたい方は、上記をご参照ください。 

 

 

 

またロブスターを表すのにオマールエビという言い方もあります。

  

オマール(Homard)というのは仏語で「ハンマー」を意味する言葉に由来するようです。

 

 

ロブスターの生物学上の分類である「属 genus 」は「ロブスター属 (Homarus)」となります。つまり学名には「オマール(ハンマー)」が採用されてます。

 

 

ちなみに「フランス&ハンマー」と言えば歴史の有名人がいます。

  

その人物とは、当時、向かうところ敵なしだったイスラム勢力の快進撃を the Battle of Tour-Poitiers(トゥール・ポワティエ間の戦い 734–742)で撃破し、ヨーロッパ進入を止めたことで、フランク王国のみならずキリスト教世界にとっても英雄である Charles Martel(カール・マルテル)です。

 

(参考:Charles Martel - Wikipedia

 

 

古仏語で「martel(現代のスペルは marteau)」は「ハンマー」を意味し、それを武器として戦ったといわれるカール・マルテルの代名詞にもなっています。

 

 

同じハンマーに由来するこれらの2つ言葉の違いをみてみると「homard」はゲルマン系の言語、そして「martel」 はラテン語が由来のようです。

 

といっても私は仏語ができないので、語源を調べるのにフランス人の友人に助けてもらいました。

 

 

 

英語でザリガニはいろんないい方がある

 

さてロブスターの近縁であるザリガニ(crayfish)ですが、英語ではいろんな呼び方があるようです。

 

さっそく英語版の Wikipedia の「crayfish」をみてみましょう。

 

 

"Crayfish are freshwater crustaceans resembling small lobsters (to which they are related). In some parts of the United States, they are also known as crawfish, craydids, crawdaddies, crawdads, freshwater lobsters, mountain lobsters, mudbugs, or yabbies."

 

(引用元:Crayfish - Wikipedia

 

 

 

見出しからして、別名が羅列されるなんて珍しい気がします。

 

まずは肝心の crayfish と crawfish を見ていきましょう。

 

 

この「cray」と「craw」はどちらも「カニ」を意味する言葉などから由来するそうです。

 

もちろん「crab(カニ)」も同じ語源の言葉から派生した言葉のようです。

 

 

全て引用すると長くなるので、下記の記事の etymology(語源の解説)を参照ください。

 

 

crayfish - Wiktionary

 

crab - Wiktionary

 

 

実は「L」と「R」の区別が苦手な日本語スピーカーにはややこしいポイントがあります。

 

 

clay は「粘土」という意味です。

 

クレー射撃(clay shooting)は「焼いた粘土のターゲット」を打ち抜くからその名がついています。

 

 

claw は「(狼や虎などの)」という意味です。 

 

ちなみに人間などの「爪」は nail で、猛禽類(鷹や鷲)などの爪は talon です。

 

 

さてザリガニは「粘土 clay」も「爪 claw」も関係ありません。

 

「カニ」が語源の crawfish や crayfish なんです。

 

 

ちなみにオーストラリアニュージーランド南アフリカだと「crayfish」は「イセエビ rock lobster」を意味するようです。

 

 

 

さて、ほかにたくさんの別名があります。 

 

せっかくなので、どんな意味なのか見ていきます(Wikipedia では複数形表記ですが単数形に戻します。)

 

 

・crawdad / craydid / crawdaddy

 

「dad」や「daddy」は「オヤジ」の意味が混じってできた言葉のようです。

 

「craydid」は検索しても見つからなかったのですが、こちらの探し方が悪いのでしょうか?

 

ですが「craydad」ならたくさんありました。もしかしてスペルミスなのかもしれません。

 

 

 

・freshwater lobster / mountain lobster

 

「淡水」や「山」に住むロブスターなので、わかりやすいです。 

 

 

・mudbug

 

「泥」+「虫」です。ザリガニの住んでるところを見れば、よくわかります。 

 

 

・yabby

 

これはオーストラリアの先住民の言葉から派生したもののようです。

 

Wikipedia から該当箇所を引用します。

 

 

'The word "yabby" comes from the Wemba Wemba, an Aboriginal Australian language.'

 

(引用元:Common yabby - Wikipedia

  

 

この「Wemba Wemba 語」はもう途絶えてしまったようです。多くの言語が植民地支配によって滅ぼされていきました。

 

 

 

 

海の生き物の英語

 

詳しく調べているうちに、かなり長くなってしまいました。

 

やはり、単に英語の和訳を知っているだけでは、深い理解は得られないことを再確認できました。

 

 

ほかにも「海の生き物」に関するブログを書いておりますので、興味のある方はどうぞご覧ください。

 

 

英語でイカは何という? Squid Cuttlefish Calamari の違い

 

 

英語のツナは「マグロ」以外にも意味がある

 

 

 

カレイとヒラメは英語でなんという?