· 

イエス・キリストは名前じゃない?オリーブオイルとキリスト教でその意味がわかる

生徒さんから高級なオリーブオイルをいただきました。ありがとうございます。

 

トルコ産の有機栽培(organic farming)オリーブオイルで、まだもったいなくて開封できていません・・・。

 

春になって塾のベランダ菜園で野菜がたくさん収穫できるようになったら、フレッシュサラダを作ろうと思います。

 

 

ということで、このオリーブオイルをテーマに世界へすこし視野が広がるブログを書いてみることにします。

 

 


オリーブオイルとキリスト教の関係

 

おそらく日本ではキリスト教(Christianity)はあまりなじみのない宗教だと思います。 

 

日本ではキリスト教はほとんど信仰されていませんし、歴史の授業でも宗教は詳しく習わないので、仕方がないことだと思います。 

 

 

しかし世界人口の3分の1はキリスト教徒(Christian)です。

 

世界規模でみた場合は、キリスト教の教えは「世界の常識」といってもいいほどに浸透しています。

 

 

英語圏をはじめとする西洋文明圏では、言語は違えど、キリスト教の知識は非常に細かい部分まで共有されています。

 

ちょうど「遣隋使」や「遣唐使」の意味を日本、中国、台湾ですぐに共有できることとよく似ています。

 

 

 

そしてこのキリスト教の常識ではオリーブオイルは欠かせないものなのです。

 

中でも「イエス・キリスト Jesus Christ」と切っても切れない関係があるんです。

 

 

 

「油を注がれた者」が救世主

 

キリスト教が一般的でない日本でも、イエス・キリスト(Jesus Christ)は非常によく知られています。

 

実はこの「イエス・キリスト」にはただの名前を超えた大きな意味が含まれています。

 

 

もともとイエスが生まれた時には、当然ながらキリスト教はまだ存在しませんでした。

 

その代わりに、ユダヤ教(Judaism)というユダヤ人(Jews)の信仰する宗教があり、イエスもユダヤ人でした。

 

 

まず「イエス Jesus」ですが、これは男性の名前でユダヤ人の言葉であるヘブライ語(Hebrew)の「ヨシュア Joshua」に由来します。

 

その意味は「ヤハウェ(ユダヤ教の絶対神)は救いである」になります。

 

当時のユダヤの世界では、イエスは比較的ありふれた名前でした。

 

 

 

ですが、イエスとは異なり、キリストの意味は姓名ではないんです。

 

キリストとはギリシャ語(Greek)で「フリストス khristos」といって「救世主」を意味する言葉です。

 

 

つまり「イエス・キリスト」は「イエスは救世主(キリスト)である」という意味になります。

 

 

キリストはヘブライ語の「マーシーアハ」に由来する「メシア Messiah」をギリシャ語に訳したものになります。

 

そして、その「メシア」の意味は「油を注がれた者 the Anointed」です。

 

 

イエスの時代には、王(king)、祭司(high priest)、預言者(prophet)に「神の祝福」として香油やオリーブオイルなどを塗る習慣がありました。 

 

このことから、人々を救う救世主としての役割も表すイエス・キリストの呼び名になりました。

 

 

 

そして、キリスト教徒にとって、イエスは「God」から人々を救う役目を与えられた特別な存在です。

 

それゆえ「キリスト Christ」は意味する特別な言葉となっています。

 

 

イエスは「人間としての名」そしてキリストは「人々を救う使命を背負った God の息子としての名」とされて現在に至っています。

 

 

 

すべてはアダムとイブから始まった。

 

では、そもそも「救世主」とはなんなのでしょうか?

 

 

 

イエスの役目を理解するには聖書の話を知る必要があります。

 

特に God が生み出した最初の人類であるアダムとイブ(Adam & Eve)の話と強く関連しています。

 

 

 

それではかいつまんでお話します。

 

 

God の生み出したエデンの園(Garden of Eden)でアダムとイブは幸せに暮らしていました。

 

しかし、悪魔の誘惑により、彼らは God の言いつけを破って「知恵の実」を食べてしまいます。

 

 

God は怒り、アダムとイブを追放します。

 

そして二人に罰を与えます。

 

 

そして、その罰が labor(US)/ labour(UK) なんです。

 

 

 

 

Labor とは God の罰

 

 

labor は「労働」と訳されます。

 

 

そして、もうひとつ「出産・陣痛」という意味で使うのをご存じですか?

 

 

God の言いつけに逆らった結果、アダムは「労働」そしてイブは「出産」を与えられます。

 

そして、その2つは「苦しいもの」という意味を持ちます。

 

 

 

そしてアダムとイブの子孫であるすべての男性とすべての女性はこの「労働と出産(どちらも labor)」を義務付けられている、というのがキリスト教の発想です。

 

 

 

 

全人類が背負う「原罪 Original Sin」

 

このように God に逆らい、楽園から追放され、罰を与えられ、苦しい世界で生きるのが人間の運命なのです。

 

 

これをキリスト教は「原罪 Original Sin」と呼んでいます。

 

 

 

しかしこれで話はおわりません。

 

 

God の言いつけに逆らった人類はどうなるでしょうか?

 

日本ではウソをつくと閻魔様に舌を引っこ抜かれてしまいます。

 

 

キリスト教の考えでは、原罪を背負う人間は天国に行けません。

 

 

では、どうしたらいいのでしょうか?

 

 

大丈夫です。

 

慈悲深い God は我々を見捨ててはいません。

 

 

"God has a plan for us."

 

 

というわけで登場するのが「救世主イエス」です。

 

 

 

救世主キリストの役目は「原罪」から人類の解放

 

原罪を背負う人類は、天国に行けません。

 

God の救いを得ることができません。

 

 

死後も魂は休まるところを見つけられないのです。

 

 

どれだけ地上で人格者であっても、天国は God の言いつけを守った人だけが行けるところなんです。

 

 

救世主キリストの役目は「地上で苦しみ、死後も天国に行けない人類を救うこと」でした。

 

 

そのためキリストは God の教えを広めます。

 

しかし、それはユダヤ人たちの教えとは違っていたために、反発を受けます。

 

 

実は、人類を原罪から救うことになったのは「キリストの死」です。

 

そして、その死のきっかけをつくったのが「ユダヤ人」だと聖書に書いてあります。

 

 

このことがキリスト教文化圏でのユダヤ人差別の大きな要因となっています。

 

詳しく知りたい方は、こちらをどうぞ

 

ユダヤ人差別の理由はキリスト教でわかる(英語うんちく No.022)

 

 

(かなり長いので覚悟と時間的余裕をもってお願いします)

 

 

 

 

救世主のいろんな言い方

 

 

さてキリスト教は世界宗教です。

 

当然、イエス・キリストはいろんな言語で「救世主」と呼ばれます。

 

 

英語を読んでいる場合でも、この4つは目にします。

 

 

Christ(ギリシャ語)

 

Messiah(ヘブライ語)

 

Savior/Saviour of the World(英語 US/UK)

 

 

Salvator Mundi(ラテン語)

 

 

 

レオナルド・ダヴィンチの絵画で「サルバートル・ムンディ」というのが見つかりました。

 

https://en.wikipedia.org/wiki/Salvator_Mundi_(Leonardo)

 

 

一見してわかりますが、この絵のモデルは当然、イエス・キリストです。

 

 

戦国時代の日本人キリシタンも救世主キリストのことを「さるばとーる・むんぢ」と呼んだりもしています。

 

ほかにも「ぜすす Jesus」とかいろいろあります。現代の英語と同じですね。

 

 

これはイエズス会の宣教師がつかっていた聖書はラテン語だったことによるからでしょうか?

 

カトリック教会では聖書はラテン語で書かれているものしか認められていなかったので、そのまま日本でも使われたのだとおもいます。

 

 

ちなみにプロテスタント運動の引き金となったマルティン・ルター(Martin Luther)が聖書のドイツ語訳を行いました。

 

なぜならラテン語は一般民衆が読めなかっため、カトリック教会の行いと聖書の記述が矛盾していることを証明するためだったからです。

 

 

 

Holy Anointing Oil (聖膏油)

 

さて「救世主」の本当の意味がわかったところで「油」に話を戻します。

 

 

キリスト教やユダヤ教では「」が「聖なるもの」として関連しています。

 

さきほど Christ の意味として「油を注がれた者 the anointed」という英訳を紹介しました。

 

 

ここで使われている anoint という動詞は「聖別する」と訳されます。

 

意味としては「油を塗ることで聖なるものとする」になります。

 

 

 

こういった油は司祭などを聖別するために使われるだけでなく、病人にもつかわれていました。

 

これを「病者の塗油 anointing of the sick」といってカトリックの重要な儀式のひとつになっています。古い表現だと unction といいます。

 

 

これは当時、病気の原因と考えられていた悪霊を追い払う効果を香油などが持つと信じられていたことに由来します。

 

ちなみに軟膏のことも ointment といいます。ointment は薬効成分に加え油が主成分だからです。

 

 

 

もちろん油であれば何でもいいわけではありません。

 

それでは聖書に登場する holy anointing oil を見ていきましょう。

 

 

・olive oil / オリーブオイル 

 

 

myrrh / ミルラ 

 

お香として使われる植物です。抗菌作用があるのでミイラの語源とする説もあるようです。漢字では没薬(もつやく)と書くようです。

 

 

・cinnamon / 桂皮(けいひ)

 

 

cassia / 肉桂(にっき)

 

 

kaneh bosem (種類には諸説あり)

 

この正体はよくわかっていないようです。一説には cannabis(カンナビス)というマリファナの別名という説もあるようです。

 

鎮痛剤でモルヒネをつかったりしますから、仮にそうだったとしても驚くことではないとは思います。

 

 

 

カナダなどではマリファナが合法であるように、マリファナ合法化を強く主張する人は欧米にはかなり多いです。

 

そういう人たちにとって「聖書にマリファナは使っていいと書いてある!」となれば、それを強く主張してくるでしょう。

 

 

欧米圏は文字で書かれている言葉を重要視する文化圏です。

 

理由を詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

 

英語はなぜ論理的な言葉なのか?(英語うんちく No.017)

 

 

こういう「聖書に〇〇と書いてある!」といった主張はキリスト教圏では今でもかなり説得力をもつ場合があるので要注意です。

 

 

 

神社や寺院に「油」がまかれる事件

 

2016年ごろに神社やお寺に「油」がまかれた事件が多発しました。

 

連日、メディアを賑わしていたほど、日本人なら誰でも知っている事件でした。

 

詳しくは Wikipedia に記事が載っているので、参考下さい。

 

寺社連続油被害事件へのリンク(Wikipedia)

 

 

しかし犯人が日本に帰化したキリスト教徒だったと判明したとたん、日本のマスコミは一気に沈黙しました。

 

詳しくは Wiki の記事を見てもらうとわかりますが、マスコミが沈黙する理由は、犯人の帰化前の国籍や宗教が絡んでいるからなのか、ほかに理由があるのかわかりません。

 

 

私は事件の全容がわかる前から「キリスト教徒が神社(彼らからみれば邪教崇拝施設)を清めるために(彼らにとっての)聖なる油をまいているはず」と塾の生徒さんたちには伝えていました。

 

これは宗教の基本的な知識をもっていれば簡単に推測できます。

 

 

「一神教は他の宗教を排斥する」

 

「油で聖別する」

 

 

この2つを知っていればすぐに連想できます。

 

 

また同時期に、神社仏閣などに油がまかれる以外にも、仏像が破壊される事件が多発しました。

 

詳しくは Wikipedia の記事をご覧ください。

 

仏像大量破壊事件(Wikipedia)

 

 

 

記事内には犯人の詳しい動機は書かれていません。

 

しかし、日本の信仰に向けての排他性が理由の一つなのではないでしょうか?

 

 

キリスト教の戒めである十戒(じっかい)には「偶像崇拝の禁止」が明示されています。

 

詳しくはこちらをご覧ください。

 

学校は教えない代名詞 thou thy thee thine (英語うんちく No.004)

 

 

 

キリスト教が日本に入ってきた戦国時代にも、九州付近ではキリシタンによる神社や寺院に攻撃が加えられ、仏像の破壊も行われました。

  

 

当時、日本にいた宣教師やキリシタンは決して平和の信者ではありません。

 

奴隷貿易を平然と行い、世界中で破壊や殺戮を繰り広げるヨーロッパ人の手先でした。

 

 

島原の乱もキリシタン迫害に対する反発というような見方があるようです。

 

しかし、キリシタンが日本の既存の宗教などに攻撃を加えていた事実を見逃してはいけません。

 

 

私にはこういった文化財の破壊行為に、国同士の軋轢だけでなく、それを助長する宗教も関連していると感じてしまいます。

 

 

 

「forced laborでも「forced to work」の大きな違い

 

また、God による人類への罰である「labor」が日本と韓国の間で英語表記をめぐって外交問題に発展したこともあります。

 

 

詳しくは、毎日新聞のネット記事にも載っています。

 

「forced labor」と「forced to work」日本人が知っておかなければならないこと

 

 

 

私が思うに「強制労働」か「強制労役」かという話は本質からかけ離れているのではないでしょうか?

 

 

"work" なのか? それとも "labor" なのか?

 

 

もっというと

 

 

"labor を使うかどうか?"

 

 

ここだけが大問題(This is what really matters!)だと思います。

 

 

 

和訳してしまえば全く意味がありません!!!

 

 

labor は英語でいうところの「天罰」です。

 

わざわざ苦しいことをさせられる、というニュアンスがあります。

 

 

 

だから labor / labour を使うと「かなりネガティブなイメージ」を付与できるんです。

 

 

 

日本語で「労役」「労働」といわれて、どちらが大変そうですか?

 

 

わかりませんよね?

 

 

日本人に限らず、中国の老子(Lao Tzu)もいっていますが「仕事は楽しくやるもの」なんです。

 

 

「仕事は苦しいもの」という概念自体がキリスト教のものなのです。

 

 

英語では laborer / worker / professional とか仕事の内容で区分けがするのが好きみたいです。

 

肌の色でああだこうだと理由をつけて、ランク分けするのが好きな人たちがいることを思えば、別に不思議でありません。

 

 

仕事にしろ肌の色に城、日本語にそんな上下の区分けはいりません。

 

 

 

私の母国語は日本語です。

 

クリスチャンでもありません。

 

 

labor を下に見る人たちがいる知識は持っています。

 

しかし、そういう感覚にお付き合いするのはご遠慮することにしています。

 

 

 

ですが、外交関係になると話は別です。

 

私個人は「どうでもええわ」と思いますが、それで日本の問題にされるなら、日本人が無意味に恥をかかされるなら、断固として適切に対処するべきです。

 

 

私はこのニュースの一連な流れの中で、外務省が "forced to work" を徹底的に譲らなかったとき「外務省!さすが、やるやんけ!」とおもいました。

 

 

 

外務省は英語に限らず「語学のエキスパート集団」です。

 

当然、英語圏の方たちからの「アドバイス」などもあったかもしれません。

 

 

 

英語表記というのは間接的に「キリスト教文化圏の人たちへのイメージ」を左右します。

 

 

神社仏閣への「油」の時も、「労働」の英訳についても、もはや宗教がからんでいるゴタゴタなんです。

 

 

 

キリスト教を知らずに英語が理解できるのか?

 

私見ですが日本人は「日本人 or 外国人」もしくは「日本 or 海外」という国籍国土での分類に持っていきたがります。

 

ただ海外といっても「欧米では~」が大多数におもえますが。

 

 

それと同時に「宗教・信仰・思想」は集団の行動を決めるとても大きな要素になります。 

 

宗教・信仰・思想は国や人種を超えて人々をまとめ上げます。

 

 

イスラム過激派が国境や国籍を超えて、世界中から兵士をリクルートしているのを見ていると、それは明白です。

 

 

 

さらに「一神教 」という信仰を持つ人たちの世界観は、日本人の伝統的な価値観と大きく異なります。

 

 

キリスト教とイスラム教を信じる人口はあわせて世界の半数になります。

 

一神教の価値観が理解できないと「グローバル」など軽々しく言っていられないでしょう。

 

 

このブログで日本の信仰と一神教の差を解説しております。

 

「日本人は無宗教」は誤解を招く!?(英語うんちく No.008)

 

 

 

「グローバル」はきれいごとではないと受け入れる

 

「なぜ神社や寺院に油がまかれるのか??」

 

「なぜ work か labor かが問題になるのか??」

 

 

 

こういう事件を題材を日本人は真剣に分析する必要があります。

 

 

 

国、人種や文化圏が違えば、やはり異なった考えを持つことになりがちなのは事実でしょう。

  

 

人種や宗教で殺し合いや破壊行為が起こるのが普通の世の中です。

 

 

いまだにユダヤ人に対する暴力事件は欧米圏で起こっています。

 

ユダヤ人差別の理由はキリスト教でわかる(英語うんちく No.022)

 

 

 

「話し合いなど興味がなく、まず自己主張ありき」という人たちが相当数います。

 

この事実を冷徹に認めるのが「グローバル」ではないでしょうか。

  

 

学校やマスコミが必死になって「世界は友達!みんなでお手々つないでグローバル!」のようなことをいいつづけても何も現実は変わりません。

 

 

実際の世界はそんなきれいごとを言っている間に、いつ核ミサイルやテロが起こるかわからない世の中です。

 

こういう何が起こるかわからない世界だからこそ、きれいごとやお花畑思想を切り捨てなければなりません。

 

 

ネットでなんでもいえる世の中だからこそ、あえて泥臭い人間関係を通して、世界中に信頼できる友人や仲間を作ることが重要です。

 

それができる人たちだけが、グローバルという枠組みの中で、強くしなやかに生きられるのではないでしょうか。