· 

専門店の柿の種

生徒さんから夏休みのお土産で柿の種専門で買った「チーズ柿の種」と「しょうゆ味の柿の種」を頂きました。ありがとうございます。

 

さすがに柿の種専門店のものだけあっておいしくつくってありました。

 

最近はよく「〇〇専門店」なるものはよく見かけますが、コンビニや大型ショッピングモールのように「それなりのものがそれなりにそろっている」というものが乱立する中での「専門店ブーム」なのかもしれません。

 

柿の種をwikiの英語版でしらべてみると「kaki-no-tane」や「kaki-pi」として紹介されており、「三日月型のコメのクラッカーとピーナッツの組み合わせのお菓子」とのこと。 

 

観光地などをめぐっていてもよく思うのですが、英語のことを日本語で説明するニュースなどはよくあるのですが、日本のものの詳細な解説を広く発信する部分は大きく不足していると感じます。

 

英語に限らず外国語教育は、日本文化や歴史の深い理解とのセットにすれば、日本を発信する部分の強化ができるのではないかとおもいま。