· 

ジャムについての英語ネタ

生徒さんから保存料無添加のジャムを頂きました。ありがとうございます。保存料が入っていないだけで風味が全然違いますね。

 

さて、ジャムについていろいろ調べていると、おもしろい英語ネタがみつかりましたので紹介します。

 

 

「jam ジャム」というのは、わたしたちにもおなじみですが、果物の保存食のことです。

 

特に、果肉(fruit flesh)が入っているものを「jam」というそうです。

 

しかしアメリカやイギリスでは「jelly」とよばれているものが売っていて、これには果肉が入っていません。

 

私も一度購入したことがあるのですが、あまりに日本のジャムとかけ離れていておいしくないので、二度と買わなかったのですが、もともとそういうモノだったんですね。。。

 

 

じゃあ、この「jelly」は日本でいうところのゼリーかというとそうでもなさそうです。

 

おそらく日本のゼリーはフランス語の「gelee」から来たのではないかと思います。

 

ちなみにジャムはフランス語で「confiture コンフィチュール」だそうで、海外食材店でフランスの「ミルクジャム confiture de lait」を気に入って買っていたことがあります。

 

 

しかしよく考えてみると、ミルクジャムは果肉がはいっていないので厳密には「ジャム」ではないということになります。

 

それもそのはず、そもそも「ミルクジャム」自体が「ドゥルセ・デ・レチェ Dulce de Leche」というラテンアメリカの伝統のお菓子で、それをフランス語で「confiture de lait ミルクジャム」とただ呼んでいるだけなんですね。

 

 

今回は図らずも英語以外の言葉も学ぶ機会ありました。ジャムひとつでいろんな発見があるものです。