· 

ボランティア友達からのプレゼント

 

以前参加していたシングルマザーの子供たちへの学習支援ボランティアで仲良くなったボランティアさんがサプライズでお土産をもって遊びに来てくれました。

 

数か月ぶりではあるのですが、久々にお話ができてとてもよかったです。もちろんお土産もおいしくいただきました。

 

 

 

いっしょに話しているといつも教育について熱く語りあってしまうのですが、いろんな意見はあれどやはり一致するのは「教育は大人になって社会に貢献するための訓練」であるべきということ。

 

テストの点数とることや提出物を出してポイントをかせぐ作業が本質ではないし、考え方、問題へ取り組む姿勢、チームワークやマナー・礼儀もテストと同じように重視されるべき、ということ。

 

本質的な部分が共有できる人とは意見が違っても、語り合うとその違いも「味が出てくる」ように感じます。

 

 

いい人との出会いはほんとうにすばらしいものです。

 

あるま・まーたの願いは、生徒さんたちが世界のどこにいっても「あなたにあえてよかった」といってもらえる人と出会うことです。

 

良き出会いの可能性を日本語以外に広げるのが、あるま・まーたの役目ですね。