· 

ヒントはサボテン?ラテン語由来の英単語の複数形は「us」⇒「i」

生徒さんからサボテンの鉢植えをプレゼントでいただきました。

 

部屋とベランダに植物がどんどん増えていきます。

 

緑に囲まれているとリラックスできるので、とてもありがたいです。

 

 

サボテンは南蛮伝来の日本語

 

サボテンという言葉は日本語です。

 

ですが、日本語になった経緯は興味深いです。

 

 

南蛮人(ポルトガル人・スペイン人)がサボテンに含まれるアルカリ成分を利用して、サボテンの樹液を石鹸としてつかっていました。

 

その石鹸をスペイン語で jabon そしてポルトガル語で sabao といったことから、石鹸 = シャボンとなりました。

 

そして樹液が石鹸(シャボン)であることからサボテンとなったそうです。

 

 

シャボン玉って南蛮由来の言葉だったんですね。驚きです。

 

 

 

サボテンの複数形は特殊

 

サボテンのことを英語では cactus と言います。

 

とげのある植物を示すギリシャ語のカクトスから、ラテン語に取り入れられてカクトゥスとなったようです。

 

 

そんな cactus の複数形は特殊な形で cacti カクタイ なります。 

 

このような特殊な複数形の変化 ( ~us ⇒ ~i ) が起こるのはラテン語が語源の単語に多いです。

 

 

もちろん同じラテン語でも index ⇒ indices のような不規則変化もいくつかあるので注意です。

 

 

 

特殊な複数形 (~us ⇒ ~i) パターンの英単語

それでは cactus のほかに、同じ変化をする英単語をみていきましょう。

 

 

stimulus - stimuli  刺激

 

 

fungus - fungi キノコ 

 

 

focus - foci 焦点

 

 

 

locus - loci 位置

 

 

nucleus - nuclei 核

 

  

radius - radii 半径

 

 

terminus - termini 終点

 

 

sarcophagus - sarcophagi 石棺

 

 

 

denarius - denarii (古代ローマの銀貨)デナリウス 

 

 

 

 

しかし何事にも例外があります。

 

ラテン語由来の単語でも、focuses や radiuses のように、通常の複数形も可能なものもあります。

 

 

 

 

There is no rule without an exception

 

 

 

さらにラテン語由来の単語でも、英語ルールでの複数形のみ可能なものもあります。

 

 

virus - viruses ウィルス

 

 

campus - campuses キャンパス

 

 

bonus - bonuses ボーナス

 

 

 

 

これらは完全に「英単語」扱いになっているようです。

 

特に virus はラテン語では「粘液、毒」を意味する不可算名詞だったことも影響があるようです。

 

 

 

 

さらに、単数形が ~us になっていても、ラテン語が語源とは限りません

 

 

英語はいろんな言葉が混ざっている言語です。

 

単語すべてが一定のルールに従って作られているわけではありません。

 

 

当然、ラテン語が語源でなければ、特殊な複数形になるのは逆におかしくなります。

 

 

octopus - octopuses タコ (ギリシャ語源)

 

 

 

platypus - platypuses カモノハシ(ギリシャ語源)

 

 

 

 

これらはギリシャ語なので正確には octopodes のようにするのが正しいようですが、もはや人によっていろいろにつかわれているようです。

 

 

実は、これらの英単語には複数形を ~i として表記する場合もあるようです。

 

その理由はやはり単数形が ~us になっているからでしょう。 

 

 

 

ある特殊ルールが存在すると「その例外をどこまで認めるか?」が次に問題になります。

 

しかし言葉は変化していきます。

 

「まあ、意味がわかるならなんでもええわ」となっているのが現状ではないでしょうか。