カテゴリ:Shugendo



奈良吉野の世界遺産・金峯山寺へ行って参りました。吉野は桜が有名ですが、南北朝時代に後醍醐天皇が滞在された場所でもあり、同時に修験道の聖地としても有名です。修験道は山岳信仰や神道、仏教、道教などがまじりあった日本独自の信仰です。そしてご本尊である蔵王権現さんは唯一の日本独自の仏様であり、今回特別開帳ということで拝見させていた抱いております。修験道は非常にユニークな信仰です。今回、あらためて修験道について深く学ぶことが日本人の生き方を見つめなおす機会になると感じました。また頂いたパンフレットなどから修験道に関する言葉をメインに英訳をのせています。

滋賀県甲賀市にある甲賀流忍者屋敷に生徒さんたちと行って参りました。ガイドの方に丁寧にカラクリ仕掛けの罠などを実演で紹介していただき、手裏剣も投げたりと外見からは想像できないほどに充実したコンテンツでみんな大満足でした。また展示品からはなかなか知ることのできな諜報部隊としての忍者の歴史を学ぶことができ、戦闘員ではない「しのぶもの」である本来の忍者の姿について考察しています。英語パンフレットには忍者のことを書いてあるだけあってカッコいい表現が多いです。ぜひ英語が苦手な方にも読んでもらいたいです。ブログの最後には忍者関連の英訳を紹介しています。

四国八十八ヶ所82番札所、香川県にある根香寺(ねごろじ)さんに行ってまいりました。修験道や密教の影響の強い山のお寺は、自然の力を肌越しに感じられる気がします。そんな山奥の幽玄な趣のある根香寺さんには妖怪伝説が伝わっていますが、その妖怪は退治された後に丁重に弔われ、魔除けとなっています。悪は悪として善と線引きをする欧米の文化とは違い実に日本的なものとして、チェスと将棋にたとえて考察しています。またブログの最後に仏教や牛鬼伝説に関する英訳を紹介しています。

断崖絶壁にあるお寺として有名な鳥取県にある三仏寺・投入堂に行ってまいりました。もともとは役行者が開いたとされる修験道の聖地だけに急峻な山道を登ってたどり着くことができるかなりの難所です。修験道は自然に入って体感する修行を重視するものだけに、文字通り「命がけ」の学びであることを、身をもって学ぶことができます。登拝予定の方は入念にご準備ください。また頂いた英語と日本語のパンフレットなどから歴史、そして仏教・修験道関連の英訳をご紹介しています。

熊野古道でつながる那智大社、速玉大社、本宮大社に行って参りました。熊野古道といっても実際には道だけのことではありません。紀伊半島に点在する神社や霊場とそれらをつなぐ参詣道も含めた熊野信仰に関わるものがまとめて世界遺産になっています。熊野は日本の歴史と信仰を感じることのできるすばらしい場所ですので、日本人の信仰を歴史も踏まえてくわしく紹介しています。世界遺産に登録されているだけあって、英語・日本語のパンフレットの内容も充実していますので、熊野古道に関連する英訳とその解説をご紹介しています。