ブログカテゴリ:Japan's Top 100 Castles



奥州の覇者、伊達政宗の城として有名な仙台城と伊達家の御廟である瑞鳳殿に行ってまいりました。政宗は戦国に遅れて登場しますが圧倒的なスピードで勢力を拡大していき、後世に独眼竜と呼ばれた力量には疑う余地はありません。その政宗の生き方や功績についても個人的な視点で話をしています。また城や廟に関連する英単語を紹介しています。

高知県にある現存12天守のひとつである高知城に行ってまいりました。ここは本丸の建築物が現存している日本で唯一のお城です。そのほかにも山内一豊や板垣退助といった有名な人物の銅像もたっており、お城以外にも歴史を学ぶきっかけを持つお城でもあります。ブログの最後に「高知城に関係する英語と解説」を載せています。

白鷺城と異名をとる世界遺産・姫路城に行って参りました。漆喰により白く輝く美しさが注目されがちですが、戦国・江戸期には戦略上の要所の防衛拠点であったこともあり「堅牢さ」や「地政学的視点」も非常に興味深いものがあります。特徴となっている「白さ」についての解説や、隣接する日本庭園である「好古園」の紹介もしています。また英訳は現存する多くの城郭構造を中心に載せています。

信州・長野県松本市にある国宝・松本城に行って参りました。全体として白い漆喰が印象的な日本のお城には珍しく、黒がメインカラーのお城です。日本アルプスをバックに四季にあわせて美しい姿を見せてくれますが、明治期には廃城の危機がありました。その危機を乗り切ったのは松本の人々の力を合わせた尽力であり、後世に残る文化財の底力を学ぶことができる点でも大切なお城です。ブログの最後でお城関係の英訳を紹介しています。

愛媛県大洲市にある大洲城に行って参りました。伊予灘へと流れ込む肱川沿いに建てられており、瀬戸内海と豊後水道をつなぐ交通の要衝でもありました。大洲城の重要性は、小早川隆景、藤堂高虎、脇坂安治といった有名武将が城主として入っていることからも伺い知ることができます。また大きな特徴として、明治維新の時に天守が破却されていますが、その後、多くの人々の尽力によって伝統工法による木造建築として天守が復元されています。消えつつあった歴史の息吹が吹き返したお城として感銘を感じられるところでもあります。

愛知県名古屋市にある尾張徳川家の居城・名古屋城に行って参りました。第二次世界大戦時の空襲によって焼け落ちてしまいましたが、のちに再建され、今では天守の内部は展示室になっています。巨大な城だけにその内部の展示も非常に充実しているので、名古屋城と信長、秀吉、家康の三英傑に関する解説を載せています。さらに本丸御殿も再建されており、明治以前の日本社会における建築物の天井の様式による格付けが解説されていたので、英語表現も含めてご紹介しています。

生徒さんたちと岡山県高梁(たかはし)市にある日本三大山城の一つである備中松山城に行ってまいりました。歴史的には毛利家にとって要の地であり、そして江戸時代には徳川にとって毛利を抑える重要な拠点でした。さらにここは日本史における2人の偉人と縁のある土地でもあります。その二人とは作庭家・建築家などとして名を残す小堀遠州、そしてもう一人は山田方谷です。山田方谷の名前はイマイチ知られていないところがありますが、数々の英傑が活躍した幕末でも掛け値なしでTOP5に入るであろう非常に能力も人格も飛びぬけて優れた人物です。というわけでお城だけでなく、小堀遠州とゆかりのある頼久寺、そして山田方谷記念館の英語資料もあわせて紹介しています。

岐阜県の木曽川のほとりにある犬山城に紅葉の季節に行って参りました。犬山城はもっとも古い国宝天守を持つ城であり、また織田信長、豊臣秀吉、徳川家康の3名とも関わり合いがあり歴史ファンにも非常に人気の高い城です。また犬山城は別名、白帝城と呼ばれていますが、これは中国にある城に由来します。このように日本のものを中国に見立てる動きは江戸時代に導入された朱子学の影響があります。海外かぶれは日本の特徴の一つでもありますが、それと同時に日本的なものを大切にしようとする強い軸もあるので、そのせめぎ合いについて考察を載せています。ブログの最後にはお城に関する英訳ものせています。

現存十二天守の一つである愛媛・松山城に行ってまいりました。戦国時代の名将であり城づくり名人であった加藤義明によって建てられた非常に堅固な構造を持つお城です。いまだ数多くの城郭の遺構が残っていて戦国期の雰囲気を強く感じることができます。なにより素晴らしいのは英語版のパンフレットの城郭構造の解説の充実度が非常に高く、櫓や門など防御施設の解説が詳しく載っています。ほかではなかなか見られない英訳の充実度です。またブログの最後に二の丸庭園の資料からの英訳も併せてご紹介しています。

石垣の美しさで有名な四国・香川県にある現存12天主の一つである丸亀城に行って参りました。幾重にも重なる石垣が圧倒的な存在感を生んでいます。そそり立つ石垣の上から見まわす景色も圧巻です。石垣で有名なお城ですが、実は城内にいくつかある井戸にも様々なエピソードが隠されています。また頂いた英語資料には石垣に関する説明がかなり詳しく載っていましたので紹介させていただきます。ほかにもお城の構造に関する英訳もありましたので併せてご紹介いたします。

さらに表示する