ブログカテゴリ:Dragon



京都・東山にある南禅寺さんに行ってまいりました。臨済宗の寺格を示す五山制度でも別格で上に位置する格式あるお寺です。国宝の方丈庭園や水路閣など見どころがたくさんあると同時に、それらは純粋に日本的なものではありません。純粋でないがゆえに「日本的」とはなにか?を考えるきっかけになった大切な場所です。南禅寺さんから日本文化の神髄を教えていただいた気がするので、その感謝を込めて日本への思いを語っています。またブログの最後には禅や国宝のお庭を中心に英訳を紹介しています。

京都で最も古い禅寺である建仁寺さんに行って参りました。禅が武家と深い関わり合いをもち、英単語 Zen として海外で受け入れられています。その理由は「実践」を尊ぶという禅の精神にあるのではないでしょうか。建仁寺さんには俵屋宗達の風神雷神図(Wind and Thunder Gods)など非常に有名な宝物もたくさんあります。パンフレットなどから禅、お寺や宝物を中心に英語訳とその解説をご紹介しています。また英語版の記事も書いています。