ブログカテゴリ:過去分詞



日常的な英語に使われる動詞の70%は不規則変化動詞だそうです。不規則変化をする動詞のリストをたくさん覚えさせられたはずですが、「現在形」「過去形」「過去分詞形」と形が同じものが存在しているため、実際にどのように意味をとらえたらよいのか混乱してしまいますよね。そこでいくつかある不規則変化のパターンにあわせて、「現在形」「過去形」「過去分詞形」をみわける方法を紹介しています。また不規則変化のパターンがまったく別の単語とスペルが同じ場合も実はあるので、そのような紛らわしいパターンも詳しく紹介してあります。不規則変化動詞が丸暗記ではなく、文法的に分析できることが最も重要です。
英語の過去形はカンタンです。過去という時間感覚は日本語と同じですし、動詞を変化させるだけで使うことができます。ですが、過去形自体はカンタンでも過去形以外のパターンとの区別がとても難しいのです。不規則変化動詞を完全に見分けられますか?過去分詞形がなにかとりかいできているでしょうか?完了形との区別はつくでしょうか?などなど過去形にまつわるトリッキーなポイントをしっかりと見分けて理解するために、数回に分けてこれから解説してまいります。
形容詞は「状態をあらわす」という意味と併せて、①補語になる②名詞を修飾する、という文法上の「使用ルール」に従って使われています。これは beautiful, cute などの形容詞に限らず、現在分詞、過去分詞、不定詞の形容詞用法など「動詞を形容詞のルールで使う」ものはすべて「形容詞の使用ルール」に合わせてちゃんと使われています。形容詞の使用ルールをしっかりとマスターすることで日本人が苦手な文法も一気に理解できるようになります。