カテゴリ:形容詞用法



中学で「be動詞 + 過去分詞は受動態」とならいます。これは大ウソです!受動態は過去分詞の性質ですが、受動態になるには動詞は「能動態」である必要があります。目的語の取れない動詞の過去分詞は受動態にはなりません。受動態になるもの・ならないものや五文型ごとの受動態のパターンを詳しく解説します。

英語の過去分詞は「過去時制」と関係ありません。それどころか意味は「受身」と習います。そして「現在完了」にも利用されます。本質がとらえにくい過去分詞をラテン語の完了分詞をヒントにして正体を解き明かしていきます。
形容詞は「状態をあらわす」という意味と併せて、①補語になる②名詞を修飾する、という文法上の「使用ルール」に従って使われています。これは beautiful, cute などの形容詞に限らず、現在分詞、過去分詞、不定詞の形容詞用法など「動詞を形容詞のルールで使う」ものはすべて「形容詞の使用ルール」に合わせてちゃんと使われています。形容詞の使用ルールをしっかりとマスターすることで日本人が苦手な文法も一気に理解できるようになります。
英語には SVOC と品詞を組み合わせた絶対ルールがあります。この2つを組み合わせた英語の仕組を知らないせいで、和訳の丸暗記が全く役に立たないんです。特に品詞を理解するには「逆転の発想」が必要なので、その理由を解説します。