カテゴリ:弘法大師 空海



空海さんが高野山創建時の最初に修行道場として築かれた壇上伽藍に行って参りました。今でも当時の雰囲気が強く感じられ、歩いているだけで心が澄んでいくような気持ちになります。空海さんが高野山に込めた思いはオールジャパンで困った人々を救うという一点に凝縮されています。そのことは中国から持ち帰った真言密教を中心として自然や日本古来の信仰をまとめ上げて、権力の中心からは程遠いところに壮大なスケールで霊場を作り上げました。空海さんのような偉大な方が自己の栄華ではなく人々の救済に人生と天賦の才をすべてささげたという事実をいますべての日本人が感謝をもって受け止めるべきだと思います。頂いたパンフレットなどから真言密教に関連する英訳を紹介しています。

四国八十八ヶ所82番札所、香川県にある根香寺(ねごろじ)さんに行ってまいりました。修験道や密教の影響の強い山のお寺は、自然の力を肌越しに感じられる気がします。そんな山奥の幽玄な趣のある根香寺さんには妖怪伝説が伝わっていますが、その妖怪は退治された後に丁重に弔われ、魔除けとなっています。悪は悪として善と線引きをする欧米の文化とは違い実に日本的なものとして、チェスと将棋にたとえて考察しています。またブログの最後に仏教や牛鬼伝説に関する英訳を紹介しています。

四国八十八か所、第2番札所である極楽寺さんに行って参りました。極楽寺さんはいろんな雰囲気をもっていて、いい意味で「ごった煮感」を感じさせていただきました。四国霊場では珍しく英語のパンフレットを頂けたので、弘法大師空海さんや四国お遍路についての英訳も紹介しています。英語パンフレットで特筆すべきは仏様の英語解説の内容で、しっかりと英語で「仏様がどのように人々を救われる方々なのか」が分かるように表現してあり、英語資料しか読めない人たちにもすぐにイメージがつかめる配慮がしてあります。

弘法大師・空海さんの開かれた真言密教の聖地である高野山・金剛峯寺非常に外国人観光客も多く、聖地でありながら「グローバルな」空間です。空海さんの教えの中心である真言密教はなかなか難解で深淵なものなので、僭越ながらわかる範囲で解説をのせています。また金剛峯寺さんで頂いた英語と日本語のパンフレットから真言密教に関連する英訳も紹介しています。