カテゴリ:小堀遠州



日本三景の一つである松島の中心にある瑞巌寺さんに行ってまいりました。東北随一の美しい禅寺ですが、ほかにも慈覚大師円仁、伊達政宗、松尾芭蕉、坂上田村麻呂など歴史の有名人とかかわりがあります。さらにヨーロッパやキリスト教の影響もみえてくるので、松島周辺は歴史探索が好きな方にもとてもおすすめできるところです。

生徒さんたちと岡山県高梁(たかはし)市にある日本三大山城の一つである備中松山城に行ってまいりました。歴史的には毛利家にとって要の地であり、そして江戸時代には徳川にとって毛利を抑える重要な拠点でした。さらにここは日本史における2人の偉人と縁のある土地でもあります。その二人とは作庭家・建築家などとして名を残す小堀遠州、そしてもう一人は山田方谷です。山田方谷の名前はイマイチ知られていないところがありますが、数々の英傑が活躍した幕末でも掛け値なしでTOP5に入るであろう非常に能力も人格も飛びぬけて優れた人物です。というわけでお城だけでなく、小堀遠州とゆかりのある頼久寺、そして山田方谷記念館の英語資料もあわせて紹介しています。

京都・東山にある南禅寺さんに行ってまいりました。臨済宗の寺格を示す五山制度でも別格で上に位置する格式あるお寺です。国宝の方丈庭園や水路閣など見どころがたくさんあると同時に、それらは純粋に日本的なものではありません。純粋でないがゆえに「日本的」とはなにか?を考えるきっかけになった大切な場所です。南禅寺さんから日本文化の神髄を教えていただいた気がするので、その感謝を込めて日本への思いを語っています。またブログの最後には禅や国宝のお庭を中心に英訳を紹介しています。