カテゴリ:不規則変化動詞



英語の過去分詞は「過去時制」と関係ありません。それどころか意味は「受身」と習います。そして「現在完了」にも利用されます。本質がとらえにくい過去分詞をラテン語の完了分詞をヒントにして正体を解き明かしていきます。
日常的な英語に使われる動詞の70%は不規則変化動詞だそうです。不規則変化をする動詞のリストをたくさん覚えさせられたはずですが、「現在形」「過去形」「過去分詞形」と形が同じものが存在しているため、実際にどのように意味をとらえたらよいのか混乱してしまいますよね。そこでいくつかある不規則変化のパターンにあわせて、「現在形」「過去形」「過去分詞形」をみわける方法を紹介しています。また不規則変化のパターンがまったく別の単語とスペルが同じ場合も実はあるので、そのような紛らわしいパターンも詳しく紹介してあります。不規則変化動詞が丸暗記ではなく、文法的に分析できることが最も重要です。
英語の過去形はカンタンです。過去という時間感覚は日本語と同じですし、動詞を変化させるだけで使うことができます。ですが、過去形自体はカンタンでも過去形以外のパターンとの区別がとても難しいのです。不規則変化動詞を完全に見分けられますか?過去分詞形がなにかとりかいできているでしょうか?完了形との区別はつくでしょうか?などなど過去形にまつわるトリッキーなポイントをしっかりと見分けて理解するために、数回に分けてこれから解説してまいります。
ファイナルファンタジー12に登場する召喚獣 Espers の解説の英文と日本語原文の紹介しています。英文は非常に難解なので英語解説も載せています。英語力に自信のある人はチャレンジしてみて下さい。