概要

社名: あるま・まーた合同会社

代表名: 下島 隆 (代表社員)

 

事業名: 志塾あるま・まーた

代表者の紹介です

高校を半年で中退後、アメリカの大学へ留学し卒業。
帰国後、メーカーにて勤務(帰国時点でTOEIC920点取得)

 

退職後、一年半シングルマザー支援のNPOにて子供と女性の学習支援に携わっています。英語に限らず勉強が苦手な子供たちのひとの多くは、どこかでつまづいてそのまま時間がたってしまったケースがほとんどです。

 

学校や塾ではゼロからやり始めるには時間がかかりますし、その人それぞれの理解度やセンスに合わせて進度を決めることやカリキュラムを設定することはほとんどありません。

 

その経験をもって、個別で生徒さんのレベルに合わせてゼロから英語を成長させられる学び場として、志塾あるま・まーたを開校いたしました。

  

私も英語はほんとうにゼロからのスタートで非常に苦労しました。それだけに「どこでつまずくか?」「どこがしんどいか?」はよくわかります。日本語が母国語である限り、みんな悩むところはほとんど同じなんです。

 

英語を日本人と相性のよい学び方で成長させていくお手伝いをさせて頂きますので、ぜひチャレンジしてみてください。

神戸・住吉にある教室です

英語だけでなくゲームをやったり、料理をつくったりしてみんなで楽しくやっています!

志塾あるま・まーたの「こころざし」

英語教育の大切さが、近年、さらに重要視されてきています。

 

世界もITの進歩により、以前よりたしかに身近になっていると実感します。そんな世界のなかで、共通語ともいえる英語ができればとても便利です。しかし、英語の能力だけで世界は本当に広がっていくのでしょうか?

 

 

幕末・明治の偉人たちは、我々の世代よりもはるかに厳しい環境で世界と渡り合いました。明治のスローガンである「和魂洋才」には「日本のものを大切にする」ということがはっきりと示されています。

 

海外のものを取り入れただけでなく「なにを取り入れ、何を残すのか」を徹底的に考え抜き、実行したからこそ日本が一つにまとまって進むことができました。

 

 

一方で、今の日本の英語教育は英語圏のモノマネに必死になっているだけではないでしょうか?

 

そこには未来を担う世代がチャレンジする価値はあるとは思えません。実際に世界を広げてくれるのは語学力ではなく、すてきな人たちと出会い、思いや考えを伝えあい、切磋琢磨したいとおもう情熱ではないでしょうか。

 

いつの時代も、どんな場所でも、すてきな人との出会いで人は成長していきます。世界にでて幕末・明治の人たちと同じように、「和魂」を軸にした知性と教養に支えられた英語を話してほしい。

 

これが志塾あるま・まーたの強き思いです。

 

 

 

旅の記録

 

日本全国、津々浦々を神社・仏閣・城郭・史跡・自然をテーマに旅しています。新しいところに行くたびに新発見があります。

 

これまで旅の記録をいろいろなテーマごとのSNSに投稿しています。

 

 

【 ホトカミ 】

 

https://hotokami.jp/prayers/39435/

 

神社仏閣にはこれまで1000か所以上参拝させて頂いております。投稿もすこしずつ進めていきます!

 

 

【 YamaReco 】

 

https://www.yamareco.com/modules/yamareco/userinfo-530681-prof.html

 

登山は完全に初心者ですが、自分の足でしか行けないところに、新しい世界が広がります。神社仏閣も険しい自然のなかにあるものも多いので、山登りのレベルアップもがんばります。