· 

芦屋浜のサビキ釣りと「釣人」の英訳

 

生徒さんたちと芦屋浜に釣りに行ってまいりました。

 

さすがに朝5時起きで釣りにきて、いきなりボウズだとその後の釣り人生にトラウマを残すことになってしまいます。

 

と、いうわけでやはりボウズ回避優先であれば選択肢は一つしかありません。

 

 

最高のボウズ回避のサビキは英語でなんという?

 

たくさんつれるサビキは釣れやすいのはいいのですが、手が非常に汚れるために覚悟を伴う釣りでもあります

 

残念ながら汚れた手でスマホは操作できず写真は撮れていないのですが、イワシだけとはいえ100匹はゆうに超える釣果で釣りすぎで家で怒られるほどでした。

 

とりあえずはボウズは避けることができましたし、おいしくいただくことができたので、次はすこし大きな獲物を狙いたいですね。

 

 

ちなみにwikiで調べてみると、サビキは英語で「sabiki」でした。

 

 

一応、英語では「flasher rig」ともいうそうですね。こちらは小魚を釣るだけでなく、キラキラした疑似餌(ルアー)を意味するようです。

 

 

 

釣り人の英訳は fisher と Angler

 

ちなみに「釣り人」というと英語では「fisher」と「angler」の二つがあります。

 

そこで違いを調べてみると、「fisher」は「魚を取る人一般」のことで漁の方法は関係ないとあります。

 

一方「angler」は「釣り竿に糸と針をつけて釣る人」のことだそうです。

 

 

ちなみに「angle」は釣り針(fish hook)のこと。

 

魚の英訳は実物を見たこともない人に説明するのは難しいので、知識だけではあまり意味ないとはおもうのですが、せっかくですから釣った魚の英訳は調べて載せていきたいですね。

 

 

 

釣り人に関連する英単語

  

それでは「釣り人」に関連の英語をいくつかご紹介。

 

 

カワセミ:king fisher  

 

たしかにダイビングで魚を取ります。

 

 

チョウチンアンコウ:angler fish  

 

なるほど、釣り竿を使っている感じです。

 

 

イワシ:sardine  

 

ちなみに「鰯 イワシ」という漢字は本家本元、昔の中国の辞典には載ってなかったそうで、日本人による和製漢語の先鞭ともいえるものだそうです。

 

和製英語だけでなく、漢語も梵語もイスパニア語もオランダ語も日本語に取り込んできた歴史があります。

 

和製英語をとやかくいう英語教師(英語ネイティブに多いかも?)もいるようですが、私は和製〇語は日本人の知恵だと思っています。

 

仏教の言葉なんてサンスクリット語の経典からの漢訳からの引用なんて山ほどあります。